暮らしの書

マネー 人生 仕事

仕事をする理由が「お金」だけだと悲しい

投稿日:

3年ほど自営業をやってやる気がなくなってしまったので今一度普通の仕事をフルタイムでやってみている。

俺が好きなのはWebデザインだったのを思い出した

仕事内容はもちろんWebデザイナーなのであるが3年前はWebディレクターのようなこともしていた。

ただ、私が好きなのは手を動かす作業であり管理職ではなかった。

日本のWeb制作会社に正社員としてWebデザイナーを続けていると会社の方針としていつの間にかWebディレクターのようなことをさせられる。

スポンサーリンク

これは日本の制作会社が年功序列になっていて地位が上がれば自動的にディレクターやプロデューサー的な管理職のポジションにしたがる。

もちろん下っ端であるウェブデザイナーの給料は安く、ディレクターやプロデューサーになるに従って役職給が追加され給料が上がっていく。

私の実感としてはウェブデザイナーを長年続けても一応昇給があるものの大幅には給料が上がることはなく年収360万円とかのレベルがいいところだろう。Webディレクターで上場しているようなところで450万円とか。

ただ、腕がしっかりしていれば客を掴んで独立すれば正社員の時の倍は軽く稼げる。ということで私はウェブデザイナーとして開業届を出して3年前に独立し、昨年720万円ほどの売上を稼いだのである。

上にも書いたが結局お金はいくらでも稼げることがわかったものの今はもうお金なんてどうでも良くなってきている。貯金も節約すれば5年ぐらいは余裕で死なないぐらい溜まってるし、欲しいものは車もテレビもパソコンも大体買って行きたい場所は北海道も沖縄も行った。

とりあえず3年の間にやろうとしていたことを全部やってしまったのでもう全然やる気がわかないので一旦会社員という抑圧された環境に身をおくことで何か自分の奥から湧き上がるのではないかと考えた。

一応2週間ほど働いて木曜日が無茶苦茶精神的にきついってのはわかったけど3年前ほど会社員が辛いとは感じていない。

変に管理職とかしたくないから条件付きでやりたいことしかしなくてもいい派遣社員(契約内容に無いことはしたくないと突っぱねることが出来る)で仕事をしているというのが大きいと感じる。

私はなんだかんだでウェブデザインが好きで一日中コーディングしているのが好きだった。俺がWebデザイナーを始めた12年ぐらい前は本当に会社でコード書いて家帰ってからも寝るまでずっとコーディングしているぐらいウェブ・デザインが好きで好きでしょうがなかった。

利益を追求した仕事はつまらない

そんなWebデザイン大好き少年だった頃の記憶が思い出されている気がする。3年ぐらい知り合いからWebサイト構築の案件を回してもらってやっていたのだがなんだかんだでコンサバティブなコーディングしかしていなかった。

何故か?挑戦するよりも利益を優先しているからである。これまでに作ってきたサイトから一度使ったjQueryのソースをコピペしたり自分で作ったテンプレを改造してサイトを作るぐらいしかしていない。新しいことをしてハマってしまったら労働時間が増えてしまって非効率だからである。

それが会社員として仕事をしはじめて結構色々なサイトの更新や新規サイトのサンプルコーディングを任されることになり最新の大企業のサイトの修正をしてHTML5の最新のコーディングに触れたり、コーディングガイドラインを見ると私がフリーで作っていたサイトはもう古すぎることに気づく。

私が会社員で某アウトレットモールのサイトを作っている時は○井の社内のコンピュータがウィンドウズXPだったためすでにサポートの切れているIE6に対応したサイトを作らされていた。その為様々な新しいCSS3は使えずひたすらに古いXHTMLのコードを使い続けるということになっていたのである。

今ではもうWindowsXPは流石に絶滅してIEは11以降がターゲットブラウザになっている。そのおかげでCSS3で動かすサイト作りが可能になっているのである。

派遣社員はボーナスなし、交通費込みの時給1400円で月給20万円

長々と書いてきたけど今の派遣社員の給料は時給1400円である。一日7時間30分なので月給だと20万ぐらい。お金で考えるとかなり厳しいと言わざるをえない給料だ。週5日朝から晩まで働いてこの給料。

フリーランスで働いていた時なんかは朝は10時ぐらいに起きて適当に仕事して昼飯食って眠くなったら2〜3時ぐらいまで昼寝してまた夕方ぐらいから仕事を始めて夜2時ぐらいまで仕事をして寝る感じ。

仕事が無い日は普通に遊びに行くし、仕事がだいぶ空いた時には平日に旅行に行きまくる事もできた。本当にフリーランスの自由さは異常と言えるレベルである。

派遣社員は月曜日から金曜日までみっちり働いて土日に混雑した街に行って買い物したり遊んだりするしか無い。なのに給料は月給20万円…。ボーナスも交通費もない。本当に厳しいのが非正規雇用なのである。

金銭的には非常に厳しい労働環境であるが仕事の内容が私の中では普通に楽しい内容なのでぶっちゃけそんなに働いている感はない。

今一番辛いのは通勤列車に揺られることぐらい。ちょいちょい止まったりしてそれが一番精神的にダメージを受ける…。早めに職場徒歩圏内に引っ越して平日はそこで住む事を考えている。

ちなみに、このブログの他にあるブログからの収入は今のところ派遣の給料より多い。だから派遣社員という超薄給の労働をすることが出来ていると言える。

会社が午後6時に終わり、そこから夜11時までブログを書いたり、外注している記事を外注に特化したサイトに入れていく作業をしている。

こういう生活でちょっと半年やってみてなんか歯車が上手く噛み合わないと感じたら即止めてフリーランスに戻るつもりだ。ただ、マンネリ化したフリーランス生活が激的に変わって今はプラスになっていると感じている。

人気記事一覧

1

私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。 そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

2

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

3

人間30歳に近づいてくると自然と代謝が落ちて若いころと同じような食生活では大体の場合太る。 しかも30歳位になると割りと貯金も溜まってきて生活に余裕が出来ると若いころは出来なかったトッピングをラーメン ...

4

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

5

ホリエモンのユーチューブチャンネルを見ているとお金の儲け方のヒントになることを言っていた。 「古伊万里なんてものは元々安くて庶民が使う陶器だったものをある鑑定士が価値を吊り上げたんだよ」 というホリエ ...

-マネー, 人生, 仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.