ニックライフ



マネー

1億円あれば一生安泰だと思う理由

投稿日:

ツイッターを見ていると「1億円持っていても年間500万円使えば20年でなくなってしまう。1000万円使えば10年で無くなる額だ。1億円を持っていても安心できない。」というような内容のが流れてきたのでちょっと1億円について考えてみようと思う。

スポンサーリンク

年間250万円で抑えれば40年もつ

年間500万円使うと確かに20年でなくなる。もしも20代だとしたら20年後は40代でまだまだ定年までは10年以上あり、生活費はかかる。

ただ、年間500万円という金額がちょっと多すぎるような気がする。確かにサラリーマンの平均年収は450万円ではあるがこれが40代の労働者の平均値であり、20代の平均は大企業でも300万円台である。

私などは派遣社員をしていたり、底辺IT企業にいたので年収は300万円に届いていなかった時期もある。そう考えると手取り月収20万円で生活できていたので年間250万円でも問題なく生活できると考えられる。

もしも妻や子供がいて、養う必要性があったとしても年収0円なのでさまざまな行政サービスが格安で受けることが出来ると考えるとなんとかギリギリで生きていけそうな気がしなくもない。

年間250万円で抑えて生活していけば40年もつことを考えると20代でも65歳の定年まで持ちこたえることが可能な計算になる。

運用すればもっと長くもつし、もっと贅沢も出来る可能性も

1億円を現金で金庫に入れて使うというのは現実的ではなく、通常半分ぐらいは運用すると考えられる。

5000万円という額を年利1%で運用すると50万円毎年入ってくるので年間250万円使って生活しても実質200万円しか減らない。

そう考えると50年近くもつので完全に年金生活まで持ちこたえることが可能と考えられる。

もちろん年間250万しか使わないつもりなら運用額は9000万に設定して90万円の配当を受け取ってもいいし、なんなら少しリスクは上がるかもしれないがトヨタ自動車の株を買えば3%の配当を受け取ることが出来、20%の税金を払っても年間200万円以上のお金を得ることが可能だろう。

リスクは有るが9割運用してもまだ1000万円も残ると考えると正直全く問題ないと感じる。20代や30代で貯金1000万円持っていない人間のほうが圧倒的に多い。

株主優待桐谷さんみたいな生活もあり

9000万円分を一つの会社に投資するのではなく、分散投資して配当と株主優待のダブルでゲットするやり方にすれば配当益以外にも優待券や商品などを手に入れることが可能となる。

テレビで有名な桐谷さんは配当益よりも優待の方が効率よく稼げることに気づき、ひたすら株主優待を目当てに株を買い続け株主優待が使い切れないぐらい増えて株主優待で生活するスタイルになっている。

例えば、30万円分の株を買うと配当は1万円程度なのだが、自社商品が3000円分もらえるという場合、実質配当が4%になる計算になる。もっとすごいところは数万円の株を買うだけで1万円分の優待券をくれる場合もあり、配当よりも圧倒的に利率が高い計算になるのである。

ただ、優待券なのでその会社の店に行って使えるだけの金券で本当に欲しいものがないと桐谷さんのように優待券を使うという目的のために同じ眼鏡を何個も買うことになる…無料でも同じ眼鏡何個もいらんやん…。

役に立つ株主優待はたくさんあって、ライオンの商品詰め合わせだったり、イオンの買い物返金カードだったり、吉野家の金券だったりは非常に人気になっている。オリエンタルランドなどは100万円以上と高額ながら1デーパスポートがもらえる。映画がタダで見れる優待も多い。

そう考えると年間250万円で生活していても正直貧乏生活にはならないと考えられる。株主優待でしょっちゅう外食出来るし、イオンでは安く商品が買えるし、映画も毎月タダで観に行けるだろう。

1億円あれば一生安泰だと思う理由まとめ

一億円というお金は少ないのか多いのかでいうと完全に使い方しだいでは一生安泰だと言える金額になる。

もちろん何も考えずに贅沢三昧をすればすぐに無くなる額ではあるが、それを言い出したら33億円の資産を持っていたのに最終的に10億円以上の負債を抱えて自己破産したMCハマーとか150億円以上稼いでたはずなのに6億5千万円の税金未納で訴えられているニコラス・ケイジとかみたいにいくらあってもすぐ無くなるのである。

普通の人なら年間250万円あれば普通の生活をおくることが出来るし、勉強して運用すればそれなりに贅沢も少しは出来る。

これはもしも1億円だけで一生生きれるのか?を考えたのであって普通に1億円持ちながら週2〜3日働けば更に貯金の減り方を遅く出来る。ということでどう考えても貯金1億あれば人生楽勝
(サラリーマンの生涯収入が2億って言われてるけどはっきり言って所得税とか住民税とかでかなり持っていかれるから手取りはそんなに無い。年収少なめで資産運用うまい人間が金に困らない人生をおくれる。)

人気記事一覧

1

なんばで一人暮らしをしているとあまりにも孤独で辛いのでほぼ毎日のようにガールズバーやらメイドカフェやら変な店やら行きまくり、あっという間に大赤字じゃ。 考えたのだが一日一回も声を出さないで終わるのが辛 ...

2

私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。 そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

3

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

4

人間30歳に近づいてくると自然と代謝が落ちて若いころと同じような食生活では大体の場合太る。 しかも30歳位になると割りと貯金も溜まってきて生活に余裕が出来ると若いころは出来なかったトッピングをラーメン ...

5

人間の煩悩で一番捨てづらい煩悩に人と自分を比べてしまうというものがある。人と自分を比べる上で物差しとなるのがお金である場合が多いだろう。 テレビや新聞で平均年収がどうとか出てくるたびに「え?私の年収低 ...

-マネー

Copyright© ニックライフ , 2018 AllRights Reserved.