ニックライフ

必要知識 日々のつぶやき

アフィリエイトは小遣い稼ぎがちょうどいい

投稿日:


私はアフィリエイトで前職の正社員の給料以上の売上を稼いでいる専業のアフィリエイターであるがぶっちゃけアフィリエイトについてどう思っているかを書き連ねてみる。

アフィリエイターは個人事業主

結局正社員と個人事業主では立場がぜんぜん違う
正社員なら雇用保険に入っていて失業した場合は失業保険が毎月20万円弱数ヶ月間支払われるし、健康保険料もちゃんとした組合に入っていて半分会社負担で入ることができている。
他にも厚生年金に入ることができるので支払いは貰っている給料に比例して増えるが引退後結構な額のお金がもらえる。大企業とかちゃんとした会社なら在籍期間の長さによっては退職金が支払われる。

アフィリエイターになるとセーフティーネットが無くなる

個人事業主になると国民年金(貰える金額は月6万円程度)だし国民健康保険は全額負担だし退職金も失業保険も何もない。後ろ盾が何もない戦場でナイフ一本で補給部隊も何もなくプレデターと戦っている状態だ。
Googleからスパムサイトに認定されて検索から消されたら大幅に収入が減る恐れがある。会社員なら仕事が無くてもある程度は猶予期間があって即座に給料の支払いが止まったりはしない(潰れそうになると止まることもあるが)。
会社員の場合、病気で数日休んでも有給休暇で何とかなるがアフィリエイターの場合はサーバーが停止したりしたら深夜であっても復旧を急がなくてはならない。誰も替わりにやってくれる人はいない(レンタルの場合サーバー会社がやってくれることもあるが)。
個人事業主として収入が無くなってしまった時、廃業を考えてもちゃんとした積立をしていなければ失業保険のようなものは何もない。会社員なら会社都合ならすぐに失業保険を貰うことが出来る。

雑務が多い

節税とか経理とかそういう雑用的な業務も自分でやる必要があるし、サイト運営もあるし、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの担当者との特単交渉などの業務もある。
サイトのコンテンツを外注している場合はそのための発注書類作成やメールでのやり取りなども自分でする必要がある。

はっきり言ってアフィリエイター専業でやるのは相当ダルい

色々とやることが増えて責任が増す割に会社員の給料程度しか稼げない。いや、私の場合は既にアフィリエイトを始めて10年になり、専業になって1年ちょい経っているから会社員の給料程度稼げていると言ってもいい(ぶっちゃけ経費を差し引くと貧民レベル・・・)。
アフィリエイト始めて1年ぐらいで専業になる人もいるけど極一部の天才であり、一般人には相当厳しいと思う。

アフィリエイトは小遣い稼ぎがちょうどいいのまとめ

ということでアフィリエイトは小遣い稼ぎ程度がちょうどいい。年間20万円までなら副業として確定申告する必要もなくてとても楽。月1万円ちょっとを目指してコツコツやっていくのが正解。
サラリーマンの小遣いの平均が約37000円程度と言われている現在、月一万円稼げたらすごく助かる。
一日あたり300円程度使える金額が増えるので小腹が減った時オフィスグリコを遠慮無く買えるし、のどが渇いたらペットボトルのジュースも飲める。
昼ご飯ははなまるうどんのかけうどんだったのが磯辺揚げをトッピング出来るようになる。
こういう小さな幸せを手に入れるためにやるのがアフィリエイト。それで生活しようとすると不幸になる。

-必要知識, 日々のつぶやき

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.