ニックライフ

ブログ

週休3日で働くという理想的な労働時間を手に入れた

更新日:

週休3日で働くという理想的な労働時間を手に入れた

新型コロナのまん延で遊ぶ機会も減り、飲みに行くことも出来なくなって特にお金を使うことも無くなって金が貯まる一方の生活…。
無駄に訳のわからないインテリアを買い漁っているがそれにも飽きてきた。

ということで正直通勤して感染するのも嫌だし、会社を辞めてもブログからの広告収入と元同僚から定期的に来るサイト更新案件とかコーディング案件を細々とやれば死なない程度の金は稼げるってことで辞めると上司に伝えた。

元々今年の1月で会社のWEB制作事業がなくなるタイミングでクビになる予定だったのを、クライアントが困りそうってことでサイトのリニューアルが終わる5月末まで別の会社に行った上司についていっただけなので社員でもないし、派遣契約もなく、ただのアルバイトであり契約書とか無いので辞めると言って次の日から来なくても何も言われる立場ではないのだが、なんやかんやで6月半ばまで何も言わずに働いていた。

ただ副収入やら時給アップやらの影響で6月までに昨年一年分ぐらいの金を稼いでしまい、マジで残り半年無収入でも全く構わんし、なんなら社会保障費やら事業税を抑えるために働かない方がいいぐらいである。

ってことで7月中に辞めるつもりで6月半ばに、もういい加減仕事すんの嫌になったんで辞めますって言ったんだが替わりの人が見つかるまで頼むから辞めないでくれと言われ7月末になった。

7月末になったのに引き継ぎが行われそうな気配を感じないので、しょうがなく7月末をもって最終出社としますと伝えた。
ズルズルやってたらいつまで経っても辞めれんから切ったのだが、上司からは「週3日でいいからなんとか8月からも来てくれ」と言われる。

ということで8月から週3日労働になった。

週3日労働は計算上最もちょうどよかった

時給2200円なので一日17,600円となり週5万円ちょいで4週間で20万円ぐらい。ちょうどええ。労働時間も入ってくる金もちょうどええ。まぁ他の仕事もあるので貯蓄も十分貯まる。マジで今まで週5で働いてた時ってバイト代だけでも40万超える月があったりして完全に稼ぎすぎてた。

全部株にしたけど大暴落して今100万円ぐらい含み損wwwちょうどええ。
コロナ終わって旅行業が上がると思ったらデルタ株流行で完全に暴落してるからしばらくは含み損が元の値段になることはないやろね。
でも5年か10年ぐらい後には戻ってると思うし別に上場廃止で無くなっても全く困らない金やからええのやけど。

週3日労働生活をしてみた感想

8月に入って1週間働いてみた感想としてはほんと丁度いいって感じ。
月曜日働いて、火曜日休み、水木働いて金曜日から3連休。

人間の労働って週3日が一番いいと思う。5日も会社に行って朝から8時間働くってよく考えたら絶対に働きすぎ。
囚人じゃないんやからもっと自由に生きたほうがいいと思う。

特に高いものをほしいと思わず、特に生活費のかかる暮らしをせず、特に将来したいこととかも何もない人間にとっては過剰な労働は無意味としか言いようがない。
昔の人はなんか無意味にたくさん働いてたくさん稼いで飲む打つ買うを繰り返していたようだけど今となっては過去の話である。
そんなに稼がなくても十分豊かな暮らしを出来る今、必要なのは労働がしんどくならない時間的ゆとりだと思う。

便利なボタン一覧

-ブログ

Copyright© ニックライフ , 2021 AllRights Reserved.