ニックライフ

マネー

お金をめちゃくちゃ損した話5選

投稿日:

損したイメージ
いろいろと今までに失敗してきて、たくさんのお金を損して生きてきたのでちょっとまとめて紹介しょうと思う。


スポンサーリンク

パスポートが無くて海外旅行キャンセル

思い出すだけで悲しくなる話ではあるがこれは大学生の卒業旅行の話だ。

4人のよく遊んでいた友達で卒業旅行に海外行こうぜ!ということになり、安くて結構いい感じのリゾート地であるマレーシアへ行くことになった。

旅行代理店でいろいろ手続きを進めて準備を整えて、いざ明日出発!となった前日の夜のことである。

友人の家で前夜祭をしていた時にふと友達がパスポート持った?と聞いてきて持ってるに決まってるやん!って思い出した、実家へ送った荷物に紛れ込んでしまったこと…。
冬物のコートを実家に送ったのだが、よく考えると前回旅行代理店に提出するパスポートのコピーを取るためにパスポートをケースから取り出してコートの胸ポケットに入れていたのをこの時まですっかり忘れていたのである。

この時ほど目の前の景色がカイジのマンガに出てくるようにグニャーと歪んだことはない…。
カイジイメージ
俺は何度もこれは夢なんじゃないかと思ったがまさしく現実!実家に送った荷物は問い合わせると今中央道を走っている途中とのことで、もはや明日の朝にはどうやっても間に合わないことが確定している。

ということで、HISで行く予定だったマレーシア5泊6日の卒業旅行はキャンセルとなったのであった。

ただ、この時のキャンセル料は当日でも50%ということだったので実質3万円ほどの損失だった。(旅行代金は10万円以上だったがオイルサーチャージや空港利用料などの金額は100%返ってくるので意外と損失額は少なく済んだ)

結局、俺は諦めずに自分でチケットショップに電話して航空券を確保して1日遅れでマレーシアに行き、泊まる予定だったホテルに事情を話して友人たちの部屋に一泊2500円で泊まることが出来たのであった。諦めなければ旅行代理店使わなくても自分でなんとかできるもんやね。
この旅行の一番の目玉だったオプション、離島でのシュノーケリングには参加できなかったのが残念だったが…。

パスポートを忘れる話は海外旅行初心者に意外とある話らしいので気をつけよう。

スマホが沈んだ話

明石海峡
これは最近の話なのだが明石海峡大橋の下でイカ釣りをしていた時に、イカが釣れて嬉しくなった俺はイカの写真をスマホで撮影してスマホをポケットに入れてしゃがんだのだが、そのはずみでポケットからスマホが飛び出し、きれいにバウンドして転がっていき海へ吸い込まれていったのだった…。

アイフォン7はひらひらと海底へ沈んでいった…。

買って1年半ほど経っていたのだがアップルストアで10万円近く払って購入したシムフリーの128ギガモデルだったので、ヤフオクで売ってもこの時で3万円はするものだった。

一瞬3万円なら潜って取ってきた方がいいんじゃないか?アイフォン7からは防水だから多分生きてるだろって思ったものの、明石海峡というのはとんでもない海流の速さなので海に入ったら最後、確実に戻ってこれずに死ぬ。仕方なく諦める他なかった…。

スマホは海辺では基本使っちゃダメ。防水でも深い海に沈んだら基本回収不能。使う場合は基本的にリードのような物で身体に結びつけておく必要がある。

株で100万円以上の損失

これは前にも記事にした話であるがマザーズ株に貯金を突っ込みすぎたことで損失が膨らみ、それを取り返そうとした結果、ナンピン買いに次ぐナンピン買いを行い、最終的に粉飾決済が明るみに出て株は上場廃止になったという話である。

新興市場の株というのはリスクが高いものなのでそれをよく考えて無くなってもいい額だけ投資して、下がったからといってナンピン買いとかせずに様子を見てダメそうだったら諦めて損切りするのが重要。

東証一部上場の株とかならずっと持っておけば何年か後に戻る可能性があるけど、新興市場の株はいつ上場廃止とかで売れなくなるかわからないので二束三文でも売ったほうがマシ。

罰金で損した話

車に乗ってて違反した場合は基本的に高い罰金を支払うことになる。私の場合は駐車違反と速度違反で捕まっているが数万単位で罰金が発生した。

駐車違反は本当に最近やたら厳しくてこんな場所で駐禁取る??ってぐらい邪魔にならない広いところでも容赦なく取るし、なんなら原付きをちょっと駐めてただけなのに気づくと黄色いシール貼ってある…。本当に意味がわからないレベルで厳しいと言うしか無いのが駐禁。

速度超過も40キロの道を62キロで走ってたってことで止められて罰金を取られた。ネズミ取りだったのだがいつもネズミ捕りしている場所だったので本当に悔しくてしょうがなかったのを覚えている。なぜ、あそこでスピードを出してしまったのか…。

ただ、それからは常に速度超過を気にして先頭で走る時は極力ゆっくりで他の車が追い越していったら安心してスピードを出す感じにしている。捕まるのは大体一番前の車だけだから。

それでも時々いるネズミ取りに気づいた時はドキィーーーっとして心臓が止まりそうになる…。まぁなぜか意外と止められないんだけど。

ギャンブルはやばい

競馬イメージ
一番損しているのがギャンブル。他の損なんて株以外数万円ぐらいの損なんだけどギャンブルは桁が違う。パチンコで数十万円マイナスになっているし、競馬でも数十万円のマイナスになっているので軽く100万円以上は損している

パチンコはハマりすぎてまさに沼だと思い、4円パチンコはもう一生やらないと決めた。どうしても友人に付き合わされて行くときは1円パチンコ限定でしかやらないことにしている。1円パチンコなら1万円使うことはまず無いので儲からないけどダメージも少ない。

競馬の場合、もう私は稼ごうと思っておらず、ただただ馬の餌を毎週あげに行っていることにしている。競馬ブログでそのお金は捻出できているので最近は損しているかどうかはよくわからない感じではあるが馬券を買っていなければブログで稼いだお金は全部他のことに使えるのでやっぱり損している。

ギャンブルは本当に中毒性が強くてパチンコの場合は音と光によって完全に催眠状態に陥っている。ものすごい演出のあと大当たりというドーパミンが溢れ出すあのシステムはハマるともはや止められなくなる。

なので私はパチンコ屋の前を通るのを止めた。入ったら終わりだからである。入らなきゃいいんだけど前を通ると入りたくなるのがギャンブル中毒者なのだ。

正直日本のように駅前にギャンブル場がある場所は他の国にはありえないわけで、パチンコ屋が適法な日本はちょっとおかしいと思う。

競馬に関しても負けが続くと一発逆転しようと普通では賭けないような大金をぶっこむことになる。私の場合はその日の財布にある分だけしか使わないが一番人気に1万円賭けたら取り返せるやろ!とかなっちゃうのがギャンブラーなのである。これがエスカレートすると消費者金融へ駆け込んで借金してまで一番人気にぶっ込んでしまう。それで取り返せてしまったら最後、一生沼から這い上がれなくなってしまうことになる。

ギャンブルで損している人はたくさんいて、有名人では貴闘力がギャンブルで人生を無茶苦茶にしてしまっている

ギャンブルの恐ろしさは底がない事で、大王製紙の元社長井川氏などカジノで一晩に何十億もの金を損している。一般人の生涯年収の何倍もの金を一晩で損しても止められず、最終的に会社の金を使い込んで逮捕されて人生の全てを失ってしまうのだ。

お金をめちゃくちゃ損した話5選のまとめ

私よりも損してる人はたくさんいるだろう。家を買ったら欠陥住宅だったとか、新車を買ってその日に事故って使用不能になったとかいくらでも聞く話だ。

私の聞いた話でこれはやばいと思ったのは友人が年に3回もスピード違反で捕まって全て10万円以上の罰金だった話である。スピード違反も度を越すととんでもない金額になってくるので気をつけたい。

あとはギャンブルで自殺しかけている友達とかいるのでマジでギャンブルだけはハマっちゃダメだと思う。ギャンブルは上限を決めて遊び程度でやるのが一番。

上記の私の失敗が反面教師になることを祈る…。

-マネー

Copyright© ニックライフ , 2018 AllRights Reserved.