30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

マネー 人生 仕事

転職経験者がすごく少ない!3回以上になるとほとんど周りに見当たらない件

更新日:

あなたは転職したことがあるだろうか?

私は30歳までに4回の転職をして5社を渡り歩き、今自営業という肩書になった。

ぶっちゃけ3年以上同じ会社にいたことがない。一社目は7ヶ月、2社目は1年2ヶ月、三社目は2年11ヶ月、4社目は1ヶ月、5社目は2年2ヶ月となっている。

そんな人生を送ってきた私なのだが周りの知り合いなどを見てみるとほぼそんな回数転職してるやつがいないことに気づいた。

俺の周りで転職経験のあるやつは割と多い。親戚とかも結構転職している。ただ、誰もが一回か2回なのである。ほぼ1回だけ。

ちょっと調べてみたら日本人の生涯転職回数は2.8回ということだ。
参考人は一生に何回転職するのか

ということで計算上圧倒的に0回、1回、2回が多く3回以上になるとほとんどいないレベルだと考えられる。なぜなら1人で10回ぐらい転職する奴がこの平均回数を上振れさせているからだ。

スポンサーリンク

もっと転職したほうが良くない?

俺からしてみるともっと転職したほうがいいという感想なんだよね。なんで0回とか1回とかの人間が大多数を占めているのか?という気にしかならない。特に辛いとかこの仕事が合ってないとか楽しいけど給料が安すぎて生活できないとか色々な悩みを抱えている人間は絶対転職すべきだよ。

俺は5社渡り歩いてきたけど1社目は割りといい環境だったし、今考えると結構ホワイトな会社だったと思う。上司がカスじゃなければ今でもそこで働いていたかもしれない。

2社目は外資系で死ぬほどホワイトだったけど給料が安すぎて無理だったので辞めた。3社目は純日本式の旧式の終身雇用的な会社で社員は家族みたいな会社だったが仕事内容があってなかったので辞めた。4社目は糞ブラックだったので1ヶ月で辞めたった。5社目は仕事内容も良くて別に不満とか無かったんだけど30歳になったし、もう働きたくないなってことで辞めた。

ってことでいろいろな理由で俺は辞めているがもし、1社目で働き続けていたら外資系のホワイトさとかクソブラック企業の何週間も会社に泊まり込みでプログラム組まされる地獄も体験できなかった。

 俺はいろいろな会社で働いたことがあるからクソブラック企業のクソな体制に対してブチ切れて辞める事ができたがもしもその糞ブラック企業に新卒で入って働き続けていたらそれが普通なんじゃないか?とブラック環境に全く疑問を持たなかったかもしれない。

こないだバーベキューパーティーに参加していろいろな人の会社の話を聞いたんだけど定時が7時なのにいつも8時半まで残業させられるんだよねって愚痴をこぼしている人がいた。

俺なんて2社目からずっとIT関係の企業にいたからこの残業に関する愚痴に関してはびびったね。

IT企業は基本的に死ぬほど残業するのが普通で定時になったらみんなで晩御飯食べに行って23時過ぎまで残業だったよ。てか忙しい時なんて土日も全く関係なくずっと泊まり込みとかだもん。椅子を3つ並べて寝るのが基本。わかんないだろうなIT系じゃない人間には。

代理店からの仕事を受けるともはや深夜とか概念がわけわかんなくなって納期が近くなると朝3時でも5時でも普通にメール帰ってきてたからね…。いつ寝てんねん…。

お分かりいただけただろうか?

もしもIT業界にしかいなかったらたった1時間30分の残業で愚痴をこぼすなんて理解不能だということを。1時間半の残業で帰れるなんて超ホワイトだろ。

ただ、世間一般の企業ではみなし残業などという言葉はなく1分単位で残業代が発生し、上司は部下が残業していると早く帰ってくれというのが普通なのだ。俺が超ホワイトの外資で働いていた時は残業申請書を出さないと残業が認められず同僚は17時ピッタリにパソコンをシャットダウンして帰っていた。(基本給が少なく残業代なしではやっていけなかったので辞めたが…)

世の中にはいろいろな会社があって、色々な働き方がそこには存在するのでもしも辛くて辛くてしょうがない状況で働いていて本当は辞めたいと思ってるけど転職に失敗したらどうしようと不安になってためらっているならそれは間違っている。

転職なんて今時極普通のことであり、気分で辞めて全く問題ない。いくらでも自分にあった転職先など存在している。

周りに3回以上転職した人が少ないのまとめ

一社目がホワイトで自分のしたい仕事ができて、ワークライフバランスが取れているというのならそれは非常に幸せなことであり一生転職する必要はないかもしれない。

まだまだ日本には優良企業がたくさんあるので転職しなくても全然問題ないという人もたくさんいるだろう。

ただ、転職に対して臆病になってどこへ行っても俺はダメな人間だから今の会社に居とくのがベストだと言い聞かせて働き続けているのならそれは間違っていると言いたい。

俺なんか3社目の純日本風の会社で働いてた時はもう落ちこぼれプログラマーで年収も2年11ヶ月殆ど上がらなかった。明細をみるとボーナスを入れても330万円とかだった。それが転職したらあっという間に年収360万円にジャンプアップして仕事もフロントサイドエンジニアを中心としてかなり色々出来て大手の会社のサイトをディレクションする立場になったりした。

自分ではダメだと思っていても、転職してみたら実は価値のある人材だったってことは確実にあると思う。口下手で営業には向いていなくてもプログラマーには向いていたり、電気工事の作業員には向いていたり必ず輝ける場所が何処かにある。

私はたくさんいろいろな会社でいろいろな経験をしてフリーランスが一番向いているという結論になり自営業をしはじめて3年以上頑張って続けることが出来ている。(よく考えると3年以上続いた仕事これがはじめてか!)

まぁぶっちゃけ3年超えると自己管理能力が崩壊して今後が見えなくなっているのでまた転職先を探したい今日このごろなのだが。

35歳を超えてくると転職しづらいらしいので転職するならアラサーまでがおすすめだ。

参考転職を繰り返した結果わかったメリット・デメリット

自分にあった仕事を見つけるなら【グッドポイント診断】であなたの強みを見つけよう

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-マネー, 人生, 仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2017 AllRights Reserved.