30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ショッピング ブログ 仕事

デスクワークに向いている椅子

投稿日:

私はかれこれ10年ぐらいデスクワークをしているのであるがこれまで色々な椅子に座ってきた。

そこで今回はデスクワークに向いている椅子についてまとめてみたい。

スポンサーリンク

バランスボールは蒸れる

私が最初に入社した会社は福利厚生の一環として社員の健康のことを考えバランスボールでデスクワーク出来るようにしてくれた。バックオフィスの十数人がみんなバランスボールで仕事をしていた時期がある。

バランスボールは椅子としてはまぁ使えるぐらいの感じで悪くはなかった。安定感が無いのでだらけられないが慣れるとそんなにバランスを取る必要もなくなりあまり意味がないような気がしてくる。

そして夏場に導入したのも原因だがやたらお尻が蒸れる。あれはゴムでできているわけだから通気性が最悪でとにかく蒸れるのが辛い。

そういうことで徐々に利用者が減っていき最終的に上司に仕事しているように見えないからやめてもらえるかな?って言われてやめた。
ポヨンポヨンしてるから貧乏ゆすり代わりに上下運動しながら仕事してたら遊んでる感がすごかったらしい。

多分誰も1ヶ月以上使ってなかったと思う。

結論
たまにならいいけどずっとはダメ。結局使いみちを失ったバランスボールは休憩室用になった。

スタンディングデスク

ずっと座ってると体に悪いからという理由で何年か前にスタンディングデスクを導入した事があったが2時間以上立ながら仕事をするのは足が辛すぎるということがわかった。

同じ姿勢でずっといると足の裏がとにかく細胞が押しつぶされて痛くて仕方がない。関節にかかる負担も大きく軟骨が縮んでる気がする。

座り続けるのもダメだけど立ち続けるのもダメだと思う。結局動かないと健康には悪いと感じるし立ちっぱなしは本当に辛い。

足元にルームランナーを設置して時々歩くってのがいいかもしれない。

結論
スタンディングデスクは常に立って仕事をするスタイルではなく時々立って仕事をするスタイルじゃないと辛すぎる。自動で昇降するデスクを使うと良いかもしれない。

VIPが座りすそうな革張りのふわふわチェア

何故か変な会社に就職した時、めちゃくちゃ豪華な椅子だったことがある。この椅子に関してはもう座り心地が気持ちよすぎて超眠くなる感じの最高の椅子だった。なんか要らなくなった椅子を貰ってきたやつらしい。

ただ、その椅子で仕事をするとなるととにかく蒸れる。革張りって普通に通気性が悪くて長いこと座るようになっていないと思う。そして暑い。包み込まれるようなフカフカ感は座り心地はいいがとにかく暑い。

結論
長時間座る椅子は通気性がとても大事。包み込むような椅子は暑いので注意。

普通のオフィスチェア

このタイプが多分いちばん座ってきた椅子になるがごく普通のオフィスチェアは良くも悪くも普通でちょうどいい。変な姿勢で座ると腰痛の引き金になる可能性もあり同じ職場の人は特殊なクッションを使って腰痛対策をしていた。

結論
なんだかんだで蒸れないし、クッション性はあるし、背もたれもあるし安定感もあるし無難って感じ。3つ並べるとベッドになる点もグッド!意外と安眠できるw

カフェにありそうな木の椅子

スタバでノマドワークに憧れた時期があり職場の椅子をスタバの洒落た椅子みたいにしたらスタバで仕事している雰囲気を味わえるんじゃないかと一時期安いのを買って試してみた事がある。

確かに見た目的にはおしゃれでいい感じだったのだがいかんせん木の椅子はクッション性が無いので辛い。途中からクッションを敷いて使っていたがクッションがスタバ感を失わせあまり意味のない感じになる。

結論
おしゃれと機能性は反比例する場合もある。おしゃれには覚悟も必要。

高級エルゴミックデザインチェア

自宅オフィスのフリーランスになった現在使っているのはエルゴヒューマンという高級エルゴミックデザインチェアである。

大塚家具で色々な高級チェアを試した結果、エルゴヒューマンが一番合っていると感じアーロンチェアをやめて購入した。

座り心地としては机に向かって前のめりで執筆できる前傾姿勢をキープすることが出来て仕事が捗る気がする。メッシュ素材の座面は全く蒸れず長時間のデスクワークでも快適。YouTube観る時の背もたれの感じもとてもいい。ヘッドレストとオットマン付きのモデルは10万円を超えるが毎日長時間座るので十分元は取れると感じる。

結論
自宅でデスクワークなら最初から高いデスクチェアを買ってもいいと思う。会社員の場合は会社の意向とかあると思うので従うしか無いが・・・。

デスクチェアの話まとめ

椅子はいろいろな種類があってそれこそ木の切り株やパイプ椅子みたいなものからソファーやハンモックみたいなやつまで様々な素材、形が存在している。

その中でもデスクワークに特化した椅子はやはりそれだけの理由が存在していてアーロンチェアが切り開いたエルゴミックデザインこそ最高のデスクチェアだと感じる。

椅子の購入を検討している場合は是非とも長時間座り続けても大丈夫か?に重点を置いて購入するのをおすすめする。

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

最近の副業ビジネスなのだがインターネットを介してどんなものでもマッチング出来るようになってきている。 知らない人がいるかもしれないのでちょっと紹介してみよう。

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ショッピング, ブログ, 仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2017 AllRights Reserved.