30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ブログ 競馬

関西から新潟競馬場へ行ってきた

投稿日:

2017年の新潟競馬場の開催も最終週・・・。

そうだ!新潟競馬場行こう!という気分になったのでちょっと行ってみることにした。

東京競馬場に初めて行ったのが2010年の青葉賞でペルーサが圧勝。

それから年末に有馬記念で初めて中山競馬場へ行き、地元関西で阪神競馬場で宝塚記念を見た。

初めての京都競馬場は実家の軽自動車で行ったのを思い出す。

去年初めて中京競馬場へ行って高松宮記念を観戦し、夏は函館競馬場へ行った。夏なのにウルトラライトダウン着ないと寒かった。

今年になって、冬の小倉開催へ行き、夏は福島と札幌へ。そしてついに今回新潟競馬場へ行ってJRAの競馬場全部行ったことになる。

私はアメブロで競馬ジャンルのブログの公式トップブロガーに選出されているのでやっぱりJRAの競馬場全部行っとかないとなと思っていたのでこれでなんかやっとプロ競馬ブロガーとして胸をはれる気がする。
参考馬キチくんの競馬サイト

スポンサーリンク

関西から新潟競馬場へ行く方法

新潟へは今までスキー旅行ぐらいでしか行ったことがなかったので今回新潟競馬場へどうやって行こうかとかなり調べた。

まず、飛行機が考えられる。

飛行機の場合は伊丹空港から新潟空港までANA、JAL、IBEXが飛んでいる。全部高いので普通にチケット買ったら片道3万円とか普通にする。高すぎる。早割とかならかなり安く買えるので予め行く日が決まっているなら飛行機でもいいと思う。

次に深夜バスでいくことを考える。これは5000〜8000円ぐらいとかなりリーズナブルではあるが新潟駅から新潟競馬場というのは割りと距離があってバスで移動すると片道35分ぐらいは軽くかかりだるい。

新幹線も片道2万円超えで高いので自家用車で行こうかと考える。

調べると新潟競馬場の駐車場は無料となっている。これは車で行くのもありかもと思い、軽くルートを検索すると片道7時間もかかる…。でも今までこんな距離1人で運転したことがなく、愛媛へ5時間かけて行ったのが最高距離。何事も人生経験だなということで車でいくことにした。

金曜日の夜、7時30分出発

台風接近中ということでもしかすると日曜日は大雨かもしれず、土曜日の競馬をメインで楽しむ計画で金曜の夜出発にした。

なぜこの時間帯なのか?夕方5〜7時はなんだかんだで車が混みやすくてそれを避けたかったというのと深夜料金でETCは30%オフになるので到着時間を深夜0〜4時ぐらいにしたかったというのがある。
参考深夜料金について

予想通りスムーズな流れでドライブ。長距離ドライブって暇かなと思ってオーディオブックでも買おうかと思ったのだが調べるとKindleはアイフォンの自動読み上げが使えるとのことなのでそれを使う。
参考Kindleの音声読み上げ機能は読書の革命である。

何を聞こうかと考えてホリエモンと大王製紙の元社長の前科者コンビの対談本を読みたかったのを思い出してそれを買って読み上げ開始。Kindleはマジでどこでも買えて最高だよ。

音声読み上げソフトの漢字の読み間違えがイラつくがまぁそれほど支障なく聞けて獄中の話が面白かった。監獄によって待遇がぜんぜん違うとか入らないとわからないし、2人以上の話を聞かないとわからないからこの対談本はかなり貴重な内容だと思う。

by カエレバ

スーパー金持ちの金の使い方とかも凄すぎてハンパないわ。50億子会社の金を使い込んでも持ってる株売ったら全部返せたとかw半端なさ過ぎ。

まぁどんな金持ちでもどんな実力者でも特捜を敵に回したら結局ブタ箱行きなんだよね・・・。面白い本が書けたから井川さんにはプラスだったんじゃないかな?知らないけど。

って感じで自動読み上げを聞きながら進んでいったらあっという間に滋賀を超え、福井を超え、石川、富山を超えていた。

ここまで来て本が終わってしまったので新しく一分間バフェットというウォーレン・バフェット氏の言葉をまとめた本を購入。ぶっちゃけ失敗・・・この本は一つの話が終わるたびに音声読み上げソフトが止まってしまい、めっちゃ面倒くさい。内容は良かったのだがめんどくさすぎて買うんじゃなかったと後悔・・・。

バフェット氏は今までちょいちょいニュースサイトに名前が出てきて世界一の投資家ってことは知っていて気になっていたのだけどまさかあの人の投資会社バークシャーハサウェイが元々繊維会社だったなんて初めて知った。投資の手法もかなり興味深くなるほどと感じた。世の中がITバブルに浮かれてた時全く手を出さずにバブル崩壊で色々な投資会社が潰れても生き残ったとかいい話がたくさん知れた。

by カエレバ

ここで一つトラブルが発生する。まだまだ新潟競馬場までかなり距離があるのに高速道路の工事で通行止め・・・。ただ、すでに新潟には入っているので深夜だし、下道で行ってもいいかなと思ったわけだが普通にまだ100キロ以上あって下道で行くと計算上朝になってしまう・・・。

しょうがなく高速道路にまた乗り直して進む。マジで乗り直してほんとよかったという距離だった・・・。まさか新潟にはいって2時間近くあるとはね・・・。新潟の縦の長さハンパない。

1分間バフェットも普通に終了してやっと宿泊場所に考えていた自遊空間へ到着。朝4時から11時まで睡眠を取り、新潟競馬場へ。

ついに新潟競馬場到着である。

土曜日の競馬

千メートル直線レース
なんやかんやでこの日は結構当てて6000円以上もプラスになった瞬間があった。まぁ最終的には3000円プラスぐらいまで減って終了したけどマイナスにならなかったらオッケーなのだよ、土曜日は。

直線千メートルのレースを間近でみたわけだけどマジで迫力が違いすぎる!外ラチ沿いの荒れてない馬場に馬が押し寄せるのでお客さんの目の前を通るわけで18頭の馬がすごい勢いで目の前を通るんだよ。この迫力は日本でここしか無いすごい圧倒される。

新潟に来て良かったなと思いながら健康ランドへ。

俺は旅に行くときは健康ランドが一番楽しみ。いろんな健康ランドへ行くことが大好きで新潟の健康ランドも薬湯とかあって良かった。

この日の宿泊場所も漫画喫茶でいいかなと思っていたのだが流石に疲れが溜まっているらしく、持病の鼻炎がひどくなってしまう。薬を飲んでもいまいち効かないぐらいひどい鼻炎になり流石にこの状態で漫画喫茶へ行けば日曜日もっとひどくなると感じ、ホテルを探す。

俺が一人旅で利用するのは大抵ラブホテル。何故か?予約不要だし、ビジネスホテルとそれほど変わらない値段であちこちにあるから利用しやすいというのが一番でかい理由。

1人で利用できるの?って思う人もいるかもしれないがデリバリーを呼ぶ人が多いので基本チェックインとチェックアウトは一人になる可能性が高いのである。

なので一人利用はどこでも基本的に可能。ダメなのは男が複数人の場合でこれは汚し方が洒落になんねえからって前テレビで言っていた。男同士の旅の場合は一人づつ泊まるか、素直にビジネスホテルに泊まるしか無さそうだ。

ネットで手頃なラブホテルを探していたらなんと、競馬場の裏にいくつかあることがわかった。

土曜日の夜ということで満室の可能性は大いにあるがもうそうなったらその近くで車を止めて車中泊してもいいかなと思っていた。なぜなら寝袋を車に積み込んであるからだ。十分寝ることが出来る準備はある。

ということでとりあえずラブホテルへ行ってみる。
ラブホテル
このホテルの仕組みが無茶苦茶ハイテクで車で入ってボタンを押すと個別になった車庫のシャッターが自動で開く。そこへ車を止めて中へ入るとフロントに鍵がおかれている・・・誰にも合わないで部屋まで行ける仕組みらしい。エレベーターに乗るとすでにボタンが押されており、部屋へ直行。

部屋に入ると電話がかかってきて受話器を取るとお一人様の場合前金になっておりますと8100円を要求される。そう言えば値段設定を全く見てなかったけど8100円もするのか…。まぁ別に問題ないので10100円を用意すると部屋にあるシューターという手紙を送れるような装置に入れろとのことだ。

お金を入れて送ると自動的にフロントへ運ばれ、しばらくすると2000円のお釣りが帰ってきた…なんというハイテクシステム。

窓を開けると競馬場と逆だったので全然見えなかったけど逆の部屋なら競馬場が一望らしい…残念。

風呂はすでに入ってきたのでマジで風呂もアメニティーも全く使わずただただひたすら寝る。朝9時前に起きて競馬場へ…。本当に8100円も払って寝ただけかとは思ったがやはり漫画喫茶で寝るよりも明らかに回復している。まぁこれだけ回復しているのなら8100円払った意味あったかなと感じたのでオッケー。

競馬場は9時前だったが人は多く並んでいてしばらく並んで入場。この日は先着4000名に手ぬぐいプレゼントをやっていたのでありがたくいただく。

日曜日の競馬は一レース目から当てたのだがそれから全然当たらなくなる・・・。外は雨で寒く中で東京や京都のレースを買っていたがこれも全く当たらない…。

昼ごはんは寒すぎてラーメンを購入。競馬場のラーメンはだいたい美味い。

午後からも特に当たる気配は無く、メインレース天皇賞秋。私はサトノクラウンとレインボーラインの2頭軸マルチでいく予定だったのだがあまりに当たっていなくて超ハートがチキンになってしまい、1000円以上賭けたくなくなった。なので穴であるレインボーラインからワイドで流してもしもサトノクラウンもキタサンブラックも来なくても大丈夫なようにしておく。

結果的にはサトノクラウンもキタサンブラックも来てワイドの配当は結構低い組み合わせになったがそれでも1万円以上の払い戻し!!やったね。

久しぶりに一日一万円以上の儲けになったので最終レースは見もしないで飯を食いに行く。

新潟行ったら行こうと思っていた場所へ。
参考にぎわい市場 ピアBandai

市場はその地方の特徴が色濃く出るところなので見ているだけで楽しい。さすが新潟という感じの食材が沢山。サケやらカニやらが売られていたがぶっちゃけなんか考えられない位ぐらい高い値段だったのでお土産はばかうけと柿の種の新潟限定バージョンにしておいた。それでも2500円分ぐらい買ったのでいいやろ。

刺身定食を食べた後、風呂屋に行きたくなって調べたら小さな風呂屋を発見したがよく考えると風呂用のタオルとか石鹸とか小さな風呂屋では自分で用意しておかなければならないのだった・・・。やっぱり健康ランド行こうっと車を出そうとしたら塀にこする・・・。大体俺が塀にこする時って夜の細い道でバックしてる時やな。まぁ見たらバンパーが軽く擦れただけだからええけど。金属まで行ってたら直さないとあかんけどプラスチックの部分は放っておいても腐食が進むことはないからどうでもいい。

前日の健康ランドへ行こうとしてなんか無茶苦茶道間違えたりしたけど健康ランドで風呂に入ったら全部ストレス無くなった(*^^*)
健康ランドはリリンの生み出した文化の極みだよ。間違いなく。

健康ランドを出るとそれなりに台風が激しさをましていた・・・。

夜8時前に新潟を出発

深夜になると眠くなるからこの時間から一生懸命帰る。高速に乗ると割と空いていてやはり台風効果で車が少ないようだ。雨が滝のように降ったり、横風でかなりふらついたり・・・。台風の日はあんまり運転しちゃダメだな。

途中やたら遅い車がいたのだが、足元のふにゃふにゃなスズキのハスラーは70キロ以上で走れないようでかなりゆっくり高速を走っていた。

大雨とか横風とかは大丈夫なのだが海沿いで波しぶきが吹き付けるのが一番イヤだったな。なにせベトベトしてるからワイパーで拭いてもなんかフロントガラスが見づらくなるだけやし・・・。

結局深夜1時ぐらいに眠気に勝てなくなったので滋賀のサービスエリアで1時間30分ほど寝て朝方自宅到着。

新潟旅総括

競馬イメージ
新潟競馬場へ1人でロングドライブしてみた感想としては割りとノリで行ってもなんとかなるってことだ。7時間も1人で運転できるのか?と思ったけど空いている高速道路なら余裕。これが渋滞してたりすると確実にヤバイとは思うけどね。

初めて行った新潟はそれなりに大きな都市で田舎だけどそれほど田舎過ぎない印象だった。人のなまりもそれなりになまってるもののどちらかと言うと福島とか茨城のほうがなまってる。

まぁたった2日おっただけやし競馬以外ほとんど何もしてないからわからないことだらけだけど。今度は電車とかで行ってみたいね。

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ブログ, , 競馬

Copyright© 暮らしの書 , 2017 AllRights Reserved.