歴史を学ぶと日本ってすげえ!って思う

最近、世界の歴史をユーチューブチャンネルとかで調べて勉強しているのだが、日本がすごいなという印象になったので、理由を書いていこうと思う。

スポンサーリンク

大航海時代に列強の支配をはねのける

大航海時代と言えば欧米列強が新大陸を発見したり、アフリカの南からインドまでの航海を成功させたりしている時代。

この時代はまさにヨーロッパが世界をまたにかけて大成長していた時代で、アメリカ大陸はインカやアステカなどの発展した文明があったものの列強の力で滅ぼされて植民地化されている。

アフリカもアメリカ大陸に労働力を供給するために列強から植民地支配を受けている。

もちろんアジアもインドを中心に東南アジアなども植民地化が進んでいる。

そんな中、列強が日本に触手を伸ばし、他の国でやっているようなキリスト教を普及させて洗脳して植民地化するというやり方をやろうとして完全に失敗してキリスト教が弾圧されてしまった。

外国人は豊臣秀吉により、いいように利用され完全に裏切られている。詳しくはバテレン追放令について調べていただきたい。

そして列強に対抗するために朝鮮出兵を行い日本の強さを見せつけたわけである。
豊臣秀吉がいなければアメリカ大陸のように日本は植民地として支配されていたかもしれない。

また、その頃世界の半分の鉄砲は日本にあったと言われるが、ポルトガルが種子島に持ってきた、わずか2丁の鉄砲をコピーして大量に生産した日本の技術力も非常に優れていたため日本の植民地化を諦めさせたと言われている。(日本にはその頃ネジが無かったが見様見真似で大量生産してしまった)

火薬を買うためにキリスト教は禁止したものの貿易だけは許可したというのも非常に上手くやっている…。

幕末以降の近代化がすごい

江戸時代が260年続き、平和を謳歌していたがその間にヨーロッパやアメリカが産業革命によって大きく発展し、蒸気船を使って日本へ来て開国させたのは有名であるがそれからの日本の発展が異常。

江戸時代にはちょんまげして腹切りしていた日本が明治になった途端に急激に発展する。

その理由が貿易の上手さだと言われている。

日本はその頃非常に高い価値のあった生糸を欧米に売ることで外貨を稼ぎまくり、武器を大量に買って富国強兵を突き進み列強の植民地支配を受けずに不平等な条約も平等なものへ変更することが出来た。

生糸の生産であるがこれに関しても世界遺産となった富岡製糸場で生産されていたわけであるがレンガ造りの非常に立派な建物で品質の揃った製品を作っていたことで日本のシルクの評価を上げた。

この富岡製糸場がなぜ群馬のような貿易には向かない場所で作られていたのか?であるがこれは天然の冷蔵庫である風穴があったことでカイコの孵化時期をずらして生産量を大きく増やすためだったのである。

そうやって品質の高い生糸の生産で外貨を稼ぎまくり、生糸のような1次産業よりも生産性の高い紡績業を発展させるための機械を購入している。

そしてあの渋沢栄一で有名な大阪紡績のような会社が最新の紡績機械を導入して日本の紡績業が世界を席巻し急激な経済発展となったのである。

江戸時代まで鎖国して全く世界と貿易をしてこなかった日本が明治になった途端ここまでの急激な発展を遂げて世界の帝国主義による支配を受ける立場から、逆に帝国になるまでに成長する凄さ。

太平洋戦争まで負けない強さ

日本は日清戦争、日露戦争と連勝した。

清と戦うというのもすごいことではあるが、何と言ってもあのその当時世界最強とされていた露助のバルチック艦隊を打ち砕いたというのが非常に大きい。

極東のイエローモンキーがその当時海軍力世界最強だったロシア帝国と戦って勝ったことは日本という国が恐ろしい国だということを世界に知らしめた。

太平洋戦争からの復興の早さ

第二次世界大戦は戦った全ての国が傷ついたと言われている。

敗戦国である日本やドイツ、イタリアだけではなく、戦勝国であるアメリカやイギリス、ソ連などもそれなりの犠牲を払っており、ソ連に関しては2000万人という日本の犠牲者の10倍の犠牲者を出している。

他のオランダやスペイン、フランスなどの国も戦争でダメージを負っており、その結果植民地を管理できなくなり独立が相次ぎほとんどの植民地を失うことになっている。

そんな第二次世界大戦からものすごい勢いで復興したのが日本という国である。

復興の勢いがすごすぎて最終的に経済力世界第2位となる。

なんでこんなに復興が早かったのか?というと憲法9条による戦争の放棄が大きかった。アメリカやソ連のような大国が冷戦で軍隊に国力を削り合っていた時に日本は平和憲法のおかげで武器にたくさんのお金をかけること無く、ひたすら経済発展に突き進んで来たことで一気に復興して経済大国になった。

地政学的にもソ連や中国といった共産国家が太平洋へ出てこれないようにするための防御壁的位置にあったことからアメリカも日本の経済発展のために惜しみない投資を行って来たがこれも大きい。

日本スゴイのまとめ

日本スゴイっていうテレビ番組が多いけどここ30年ほど全然経済発展して無くて色々な分野でマレーシアなどの東南アジアの国に負けはじめて本当は日本なんて別にそんなに凄くないんじゃないのか?って思っていたが歴史を見る限りはめちゃくちゃすごかった。

今のアジアの発展があるのも日本をお手本にして発展しているところが大きい。

今は日本のターンではないだけで、今後またそのうち日本がやっぱり凄いってなる日が来ると感じる。

\SNSリンクボタン/