ニックライフ

SEO 日々のつぶやき

ブラックSEOで稼ぐかホワイトSEOで稼ぐか?

投稿日:

SEOというのはGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるための技術のことであるがブラックとホワイトがある。
今回はこのブラックとホワイトについてちょっと語る。

ホワイトの手法

ホワイトはその名の通り汚い手を使わない正当なやり方。何をやるのかというと以下の通り。

内容をよくする

例えばちゃんとしたコンテンツ作りでサイトへ訪れた人の為になるサイト作り。ユーザー満足度を最大化する。サイトの内容の濃さや新鮮さも重要な意味をなし、更新頻度や文字数なども内容に含む。ユーザーの滞在時間などでコンテンツの質を測っているとも言われている。

サイトの内部リンクをちゃんとする

パンくずリストやメニュー等の内部リンクで内部のコンテンツがどういう構造になっているかをサーチエンジンにわかりやすく伝える。基本的にカテゴリー分けされたツリー構造のサイトが良い。IA(インフォメーションアーキテクチャ)もこの中に入る。

ドメインのパワー

これはサイトを運営し始めてどれだけ経っているかがそのサイトの良さに直結するということ。未だにYahoo!のジオシティーズで作られたサイトが検索上位に出てくることなどから古ければ古いほど良いサイトだと判断されていると思われる。

ホワイトまとめ

基本的にホワイトはサイトのコンテンツをどれだけ良い物にするかというところにコミットしている。通常この方法を使っても結果が出るまでに最低1年ぐらいはかかると見ておかなければならず気長に取り組む必要がある。ただし一度上がるとそう簡単には下がらないため安定した収入が見込める。

ブラックの手法

ブラックというのは汚い方法。Googleを欺いて無理やり検索上位に表示させようと言うやり方で中身のコンテンツより外部リンクで上に上げる方法である。

外部リンクを使う

ブラックのやり方は大体パターン化されていて情報商材でやり方が出回っているのでそういう商材を買えば詳細を知ることが出来るだろうがここで触りだけ紹介するとドメインの使用期限の切れた中古ドメインを買い1ページだけのサイトを作る。
それを20個ほど作り、新規に作ったサイトに対してリンクを貼る。
古いサイトからリンクが貼られるということは良いサイトとして紹介されて拡散されているとGoogleは判断して検索順位が上がるという仕組み。
まぁかなり詳細を省いたのでこの通りにやっても上がらないどころか検索から消される可能性も高いw(一気に20本もリンクが貼られたら気付くよね?手加減のやり方も重要)

ブラックまとめ

このやり方を使うと非常に手っ取り早く上位表示させることが可能。でもGoogleを欺いているのでバレると検索画面から消される。スパムしとるよね?ってメールが来てしてませんしてません!!と頑張ってスパム解除してもらう必要があるが解除後すぐに元に戻すやつが多すぎて中々解除してもらえなくなっているらしい。もう検索から消されたらまた一から中古ドメイン買って新サイトにコンテンツを移し替えてやり直したほうが早いのでみんなこういうイタチごっこを繰り返す。
消されても消されてもめげないでやれるのはそれだけメリットが多いから。単価の高い案件のキーワードで上に表示できれば月数百万円が簡単に稼げる世界だからである(この内容はなんとか塾で知ることが出来る。オススメはしない)

結局ブラックかホワイトかどっちがいいの?

はっきり言ってホワイトで大きく稼ごうと思ったら結構な技術力と結構なコンテンツ作りと膨大な時間が必要。技術力とコンテンツ作りが強ければ時間はかなりかからなくなっているが組織化したやり方が必要だと感じる。ドメインパワーを上げるのが一番しんどい。ただし、財産になるのはホワイトで上にもかいたが一度上がると中々下がりづらくなっているため年月が経てば経つほど運営が楽になる。年に数回しか更新しなくても検索上位を保てる。例:バズ部など
ブラックでサイトを作る手法ではサイトを飛ばして作りなおしてを繰り返すので基本的に飛んだら無収入になる。しかもこの手法が今後ずっと使える方法かと言われるとどうなるか全くわからない。今のところ有料リンクはスパムだと明言されているものの実際に中古ドメインからのリンクで無理やり上位表示させることが出来るのは間違いない方法だがいつ同じ方法で上位に表示させることが出来なくなるか全くわからない危険性と隣り合わせである。
ということで私の結論としてはブラックが使える間はブラックで金を稼ぎ、余剰資金でサイトのM&Aを行うのがオススメ。探せば個人のサイトでもマネタイズ次第で大きく稼げるサイトなのによくわかってなくてアフィリエイトしていないサイトも有る。そういう隠れた良サイトを一生懸命探してコンタクトを取りたくさん手に入れればホワイトで生きていくことは可能。ホワイトからの収益が増えたらブラックを辞めるというのも有りだろう。

-SEO, 日々のつぶやき

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.