ニックライフ

SEO

書くことがなくなったらリライトすればいい

更新日:

書くことがなくなったらリライトすればいい

ブロガーとしての最大の悩みがネタ切れ

ブログとかサイトってぶっちゃけ100記事とか200記事書いたらそれ以上書くのが辛くなる時期が来ると思う。

1000文字以下の薄い内容の記事だったらもっと書けるかもしれないが普通濃い内容の記事はそんなにたくさん書けない。インプット量がものすごい人なら書けると思うもののかなりすごい人だと思う。

私のような普通レベルの人間には中々2000文字を超えるような内容の記事を1000記事とか書いたりするのは難しい。

何を書けばいいのか?も悩むし、これだと思って取材したりインプットしても外してしまうことは多々ある。(逆に適当に書いたらやたらヒットしたりもする)
インプットには何日も必要だったりするし、取材も数日単位で必要な場合がある。

そういうことを考えると1000記事以上良質な記事を書くのは中々難しいと言うのが現実。

記事量産より簡単にアクセス数を増やす方法が「リライト」

そこでおすすめしたいのが「リライト」。(アジカンは消してーリライトしてーと言ってるが消さなくてもいい)

これまで書いてきた記事を見直して内容が古くなっていたらその内容を修正する。昔はちゃんとしたカテゴライズ出来てなかったとかならカテゴリー設定を追加したりする。

昔書いたとき思ってたことと今は違うなら追記という形で今の視点で記事を編集するのもいい。

誤字脱字を修正するのも重要だし、読みやすさとかももう一度見直して完読率を上げる記事にしていく作業というのもある。

2年も経つとかなり自分自身成長しているようで記事を見直していると追記したいことがかなり出てきていたり、2年経つと新しい技術やサービスが出てきていてリンクを追加したくなったりする事が多い。

逆にこの記事はもう時代遅れで読む価値無いなと思えるような記事だったり、1000文字も内容がなくてアクセス解析を見ても月10PV以下と消しても何の影響もなさそうなゴミ記事に関しては非表示設定してしまえばいい

もしかすると後々やっぱりあったほうがいいわって思うことがあるので一応非表示として残しておくことをおすすめしたい。

ゴミ中のゴミで有害ならゴミ箱へ入れて削除してもかまわないが一応その当時書いたってことは自分の考えとしてメモ的に残しておいて損はないだろう。

書くことがなくなったらリライトすればいいのまとめ

ネタ切れと言うのはブロガーにとってよくあることでブログを続けると言うのはとても難しい。

でも過去記事だってリライトしてあげれば息を吹き返すこともあり新記事を1ヶ月以上書かない時期が続いてもアクセス数は順調に伸び続けるという面白い状況を作り出すことが出来る。

あと、今話題のキュレーションと戦う観点からも過去記事のリライトは重要で、キュレーションももしかするとリライトでアクセス数を増やしているかもしれないが今は新記事を大量投入することでアクセス数を稼ぐ方法を取っていると思う。

その中でコツコツリライトして価値を高めるブロガーの記事は今は新鮮なキュレーションメディアの記事が今後古くなってきた時逆転する可能性も無きにしもあらずと考えている。

かなり大部分の人がブログは量産してなんぼと思っている現状の中でリライトしているブログはかなり少数だと思う。そうするとリライトしているブログの方が量産しているブログよりも一つ一つの記事の力は強くなっていくので長い目で見ると記事量産パターンよりも強くなる可能性は高い。

特に書いて2年以上経っている記事は定期的に見直して修正を書けていくのは今後ブロガーとして必須になると思う。

-SEO

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.