ニックライフ

必要知識

2019年のブログアフィリエイトはどうなるのか?

投稿日:

2019年のブログアフィリエイトはどうなるのか?
2019年になり、アフィリエイトはどうなるのかと思っている人は多いと思う。
私は専業のアフィリエイターを2014年に始めて2018年から兼業に戻ってアフィリエイトをやり続けているが前と比べてブログで稼ぐのは難易度が上がっていると感じる。
そこで今回はブログアフィリエイトの2019年について書いていこうと思う。

スポンサーリンク

ブログアフィリエイトはまだ稼げる

稼げるか稼げないかで言うと、まだ稼げる。実際にマナブさんのように毎日記事を書き続けて月300万円も稼いでいる人がいるし、motoさんのように月2000万円稼いでいる人もいる。そう考えるとまだまだブログで月7桁稼ぐことは不可能ではないと感じる。
他にも私の知る限りかなりいろいろな分野でブログのみで生活できるレベルの売上を稼いでいる人がいる。それを考えるとまだまだブログアフィリエイトで稼ぐ事はできるといえる。

ブログの難易度は上がっている

まだまだ稼げるとは思うものの一昔前のようなイージーモードは完全に終了し、しっかりとした文章力が必要で、戦略もしっかりとしたものが必要になっていると感じる。
前はノウハウがまだそこまで多くでておらず、更にノウハウがあってもブログで稼げるのかどうなのか疑心暗鬼な人が多くてやっている人はそれほど多くはなかった。
しかし、2年ほど前から副業解禁とか複業ブームが来て誰にでも出来て、それほど多くの費用を必要としないブログを始める人が一気に増えたと感じる。
SEOに強いテンプレートも増えて初心者でも上がるキーワードもあり、一気にネットの記事が飽和状態になってきていると感じる。
そのため今まで独占していたジャンルもライバルが増えて売上を分け合うことになっている。これまでは一記事で10個ぐらいキーワードを独占したような記事が10人でそのキーワードを分け合う形なので単純に売上が何分の一かに減るということになっている。
なので、10このキーワードを狙うなら10記事必要になっていると言え、一人でやるならこれまでの10倍頑張る必要性があると感じる。兼業でやってもそんなに儲かるものではなく、専業でガンガン記事を書いてやっと稼げる様になると感じる。

SNSパワーが重要になっていくのか

motoさんのブログ(転職アンテナ)は記事数がとても少ないのだがかなりの激戦区で有名な転職ジャンルで上位に食い込んでいる。このブログは前、はてなブログでやっていてはてぶスパムでアカウントを消されてその記事を全部移したブログである。
新規ドメインであり、中々上がってこないのが普通なのにたった1ヶ月で元の順位に戻るという状況になっている。
どうやって戻ったのかを考えてみるとSNSからの流入が多いサイトは最初からドメインパワーがあるという結論に達する。
同じ事例で言うとテレビタレントでメンタリストのダイゴのブログYouTubeチャンネルからアクセスを流す手法でドメイン取得から3ヶ月で一気にアクセスを増やしている。
SNSのフォロワー数が万単位で、そのSNSからアクセスを流せるようなアカウントは権威性の高いアカウントと認められている可能性が高く、大したサイトではなくてもグーグルからの評価が異常に高くなる可能性が考えられる。

初心者ブロガーは2019年どうすれば稼げるようになるのか?

これは毎日記事を書けと言うしかない。はっきり言ってSNSで権威性を高めるというのはそう簡単ではない。一番確実にアクセスを増やせる方法は人の10倍記事を書くことである。中途半端に頑張ってもアクセスは増えないだろう。
あと、雑記は昔よりも評価が下がっていて私の雑記ブログなど記事をどれだけ書いても一向にアクセスが増える気配すらない。雑記ブログの一つのカテゴリーを新ドメインで専門ブログ化して権威性をあげる必要性があると感じる。

まとめ

2019年、ブログアフィリエイトはまだまだ難しくなっていくというのが私の見方だ。個人でブログを書き続けてもそれで食っていくほど稼げる時代は終わっていて、イケハヤ氏もYouTubeに力を入れているし、今で月300万円稼いでいるマナブさんも動画に力を入れると言っている。転職アンテナのmotoさんもボイシーというラジオのようなものをやっていることを考えるとブログだけで稼ぐのはトップの人間ですら危機感を感じているのだろう。
今後ブログで稼ごうと思ったらSNS,動画を有効に活用できるかどうかが肝になっていくと感じる。

ドライブ中、散歩中に読書できる!

Amazonのaudibleで運転中や歩きながら読書をして暇つぶしすることが出来る!

一人での遠くへのドライブ中にドラマ化された小説の原作を読んだり、通勤の時にビジネス書を聞くことで勉強することも。

私も使っているが、ここ数年で本は読むものではなく、聞くものとなっている。

Audibleの無料お試しはこちら

\SNSでシェアしてね/

-必要知識

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.