ニックライフ

マネー

貯金してから使えばお金は勝手に貯まる!

投稿日:

貯金してから使えばお金は勝手に貯まる!
お金が貯まらない人の特徴として言えることの一つに、給料をもらってまず自分の欲しかったものを買ったり、遊びに行ったりして使い、残りを貯金しようとしている人が多いことがある。

これは貯金のやり方としては完全に間違っている方法であると言えるだろう。(もちろん何も買わず、遊ばなければ金は自動的に貯まるが)

貯金マニアとして言わせてもらうと順番が逆なのである。まず、貯金するお金をキープしてから残りを使うのが正解なのだ。

スポンサーリンク

毎月の貯金額を予め決める

貯金の鉄則の一つがこの毎月の貯金額を決めるというもので、色々計算して毎月の貯金額を最初に設定しておき、無理なくお金を貯められそうな額、予め貯金用口座に移しておく

私の場合は月10万円なら無理なく貯金できる額だったので、毎月給料が振り込まれたらまず貯金用口座にこの10万円を移す作業を行う。そして残った残高でやりくりすればよいのだ。

例えば、手取りが20万円だった場合、まず10万円を別の口座に移すと残りが10万円になる。そこから家賃が65000円で電話や電気代などの固定費が1万円ぐらい。食費などが2万円ぐらいと考えると遊びに使える額は5000円ぐらいとなる。

20万円が振り込まれると大金を手に入れた感じがあり、まず遊んでしまえばあっという間に5000円なんて金額使い切ってしまい、気づくと貯金出来るお金が殆どなくなっているという状態になってしまうのである。

この例では手取り20万で10万円貯めるという割と頑張る感じの目標予算で設定しているため、遊びや欲しい物に使える額が5000円とかなり極端な額になってしまっているが収入が手取りで30万円程度あれば10万円貯金しても遊びに10万円程度は使える計算になり、普通に遊んでも十分残るレベルの予算設定だろう。

私の場合は派遣社員の給料が手取りで20万円程度あり、ウーバーイーツの配達などで副業収入が15万円程度あるので10万円程度は余裕で貯金出来る計算になっている。

毎月の貯金額の決め方

毎月の貯金額はどれぐらいが良いのか?であるがこれに関しては人によるとしか言えない。聞くところによると貯金は収入の1〜3割程度が無理なく続けられる額とのことなので何も目標がないという人は収入の1〜3割で設定すればいいだろう。

もしも欲しい物があって、そのために貯金をするという人がいるのなら、いつまでに欲しいのか?を考え逆算すればいい。5年後までにマイホームの頭金800万円貯金したいならば毎年160万円貯金しないと間に合わないので多少無理をしても毎月13万円ちょっと貯金し続けなければならない。

まとめ

貯金の鉄則のひとつがまず貯金してから使うというものでしたがいかがだっただろうか?

貯金はなかなか難しいものだが毎月決められた額貯金口座に移し、貯め続ければ必ず溜まっていくものなのでコツコツ続けてみるといつの間にか莫大な貯金額になっていたということになるだろう。

単純に月3万円でも一年で36万円貯まる。10年で360万円、30年で1080万円と、月たった3万円であっても続けていけば大きな額になるのである。
社会人になって22歳から貯金を始めておけば定年退職となる65歳までに1548万円という大金が溜まっているのだ。

ちなみに老後のために貯金しておきたいという人が目標とするべき貯金額は月1万円年金にプラスして使いたいなら360万円となる。月2万円プラスしたいなら720万円と言った感じだ。

年金が20万円でゆとりある老後をおくりたいから月30万円使いたいと考えているなら3600万円必要になってくる。(寿命まで残り30年計算)

-マネー

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.