ニックライフ

マネー 人生 必要知識

年金よりも生活保護費の方がよっぽどマシ!老後の貯金なんていらない

更新日:

老後の年金問題は今一番多くの人が気になっている問題だろう。

厚生年金ならそこそこの収入にはなるが国民年金だったら受給額は悲惨な額しかでない。だから老後に向けて3000万円貯金しましょうとかいう意見が述べられている。

だが私の意見としては老後に向けて貯金なんて1円もしなくていいと思っている。大した額しかでない国民年金なんて毎月支払う必要すらないとすら思っている。(実際は払っているが・・・)

今回はそんな年金問題について語ってみる。

スポンサーリンク

生活保護の方がマシ問題

はっきり言って国民年金なんて月10万円ぐらいしかもらえないのが普通。生活保護は15〜18万円ぐらい貰える。しかも医療費タダでNHKの受信料とかも払わなくてもオッケー!最高じゃんwww

生活保護を受給するには資産がないことを証明しなくてはならなくて車とか持てないけど老後に資産なんて不要だし車なんか乗らなくてもバスの利用料タダだから困らないよね。

そう考えると国民年金を貰う意味がわからない。老人になって困窮した生活を送るぐらいなら恥を忍んで生活保護貰ったほうがよっぽどマシだからな。※国民年金をもらいながら生活保護を受け取る事もできる。その場合は生活保護で国民年金を補う形になるが医療費タダとか色んなメリット受けること出来る。

だからどう考えても困窮した食うに困るような生活するぐらいなら生活保護受ける。最初から生活保護もらえないと暮らしが成り立たないような額の国民年金受給額になってしまうような制度がおかしいわな。これが国民年金が月20万もらえて生活保護費が10万円だったら生活保護のほうがマシ!なんて思わないよね。

今の制度だったら国民年金を一回も納めずに老後会社を退職して貯めたお金をパーッと使って一円も無くなった時点で生活保護を受給する方がいいように出来ているからそれを利用するのが最も優れた老後の過ごし方になっているわけである。

まぁ普通の人だったら自分が遊びほうけて人の金でのうのうと生き延びるなんてこと出来ないけどこの世界にはサイコパスという人種がいて人の血税でのうのうと生活し、その金で遊んでも特に心の傷まない人がいるのも事実

今の若い世代って老後年金もらえるの?

もらえるかもらえないかで言うともらえる。額は減って受給開始年齢が上がっている可能性があるが貰えなくなるようにはなっていない。それが年金だから。

年金というのは「長生きのリスクに対する保険」であるため平均寿命まで生きればほぼ払った額は回収できるように出来ている。長生きすればするほどたくさん年金を貰えるが平均寿命まで生きることが出来なかった人の分を受け取っているに過ぎない。

ただし、昔のように平均寿命まで生きれば払った額より何倍も受け取ることが出来るような事はありえない。

なぜなら人口が増えなければ年金の額は増えないようにできているから。それについてはしくみがネズミ講になっているからという理由。

今後人口はどんどん減るので年金の受給額は増えるどころか減るはず。それは国が税金で補填するので年金が崩壊することはないはずだが・・・。

結局年金は払ったほうがいいの?

上に述べたようにシステム的にはもはや矛盾だらけで私としては払いたくないのが現実だがこれまでの日本を作り上げてくれた上の世代の人々に感謝しその生活を守るのが若い世代の義務だと思っているので年金は支払っている。

年金は老後もらえる年金以外にも障害者年金も自分が事故や病気で障害者になってしまった場合受け取ることができるので家族のことを考えると年金は支払っておいたほうが良いと思われる。

生活保護の実態が描かれたマンガ。おすすめです。

-マネー, 人生, 必要知識

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.