ニックライフ

人生

海外移住とか海外隠居というものに憧れる

投稿日:

今日、テレビで海外の年収400万円の暮らしってのをやっていたのでちょっと見てみた。

現状、私は派遣社員と個人事業主をやっているもののIT事業はパソコンとネットさえあればどこでも出来る仕事である。

安定したネット回線があれば東京で仕事をしても沖縄で仕事をしても、アフリカで仕事をしてももはや仕事のクォリティなど何も変わらない。最近ではクラウドソーシングが発達しているので電話とネットが繋がるだけで顔も見ずに仕事が完結してしまう。

スポンサーリンク

バリなら日本の普通が大富豪

で、バリでの年収400万円の暮らしなのだがこれが大富豪。大体日本で言うと年収3000万円レベルの暮らしが出来るということである。

バリの生活でいいなぁと思ったのが税金が消費税だけってこと。10%の消費税しか税金がかからないとかパラダイスやん。日本は所得税とか住民税とかなんなん?ほんまに高すぎる。

バリは物価が異常なほど安くて大体日本の8分の一ぐらいでなんでも買える。全部外食でも普通にうまい料理食えるしスーパーだって高級スーパーの価格ですら日本よりめちゃくちゃ安い。一週間自炊しても1200円ぐらいで飯が食える。

医療費が心配だなとか思うけどちゃんとした海外の保険に入っても日本の国民健康保険料よりもだいぶ安い掛け金で保健に加入できる。まぁ高度な医療が受けられるかどうかはわからないのだが。。。

そんなバリの年収400万円の人の暮らしをやっていたがまぁスーパーリッチ。リゾートヴィラやらアパートやらをたくさん持っている人なのだが家は超豪邸なのに1500万円。これだけでも超羨ましい。
日本だと1500万の家なんて都会なら変な土地の超狭小住宅になるし、田舎でもそんなにいい家には住めないだろう。

というわけで俺も海外移住とかを少し考え始めた。日本では年収400万円だと下の上くらいの生活で独身ならまぁ別に不自由はなく生活できるかなってレベルで子供とかいたらあっという間に余裕ゼロな生活になる。

それがインドネシアでは成功者として崇め奉られるレベルだ。毎日自宅のプールで泳ぎ放題。身の回りの世話は全部お手伝いさんたちに任せて悠々自適。毎日ネットし放題だし夜遊びし放題。最高。

まぁ一つ困難があるとしたらインドネシア語を身に付けなければならないということ・・・。これはキビしい・・・。

ドライブ中、散歩中に読書できる!

Amazonのaudibleで運転中や歩きながら読書をして暇つぶしすることが出来る!

一人での遠くへのドライブ中にドラマ化された小説の原作を読んだり、通勤の時にビジネス書を聞くことで勉強することも。

私も使っているが、ここ数年で本は読むものではなく、聞くものとなっている。

Audibleの無料お試しはこちら

\SNSでシェアしてね/

-人生

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.