30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ブログ 人生 転職

なんば周辺で一人暮らしをすることにした

投稿日:

11月の末からなんばで働いているのであるが実家から片道1時間ほどかかる。

往復2時間の時間を無駄にしているようなものだ(一応読書は出来るが電車に乗っている時間が少なくあまり集中できない)。

それに電車が遅れたり止まったりすると無茶苦茶ストレスが溜まる。早く会社に行かないと連絡しないとダメと考えると焦りがストレスを生むのだ。帰りもお腹空いてるから電車が止まるとイライラが凄い。

それに派遣社員は電車代が時給に含まれているのが普通なので定期代15,000円は俺が負担することになる。

スポンサーリンク

職場の遠くに住むとコスパが悪い

よくよく計算してみると俺の派遣の時給が1400円で毎日通勤に2時間使ってるわけだから2800円無駄に働いてるみたいなもんよ。

それが一ヶ月で20日と考えるとこれだけでも56,000円損しているしそれに定期代15,000円を足すと71,000円損してる計算になる。

まぁ通勤時間はウォーキングの時間でもあるのでその分少し減らしてもいいけどそれでも5万円以上分は無駄にしている気がしてならない。

2時間あればブログの記事を2本は書けるし、朝喫茶店に寄って落ち着いて本をよむ時間を確保できると思う。

とにかく今の状況はなんかもったいない状況だと感じるので平日は職場から徒歩15分圏内に家を借りてそこから通勤することにした。

今の仕事がいつまで持つかは不明であるが一応2ヶ月は頑張る予定だし、あと最低1ヶ月は働く予定になっている。

難波周辺に住んでいればその後の職場を探す上でもかなり有利だと考えられるし、職場の近所を昼休みに探検して色々見ているのだがなんばは今まであまり行かなかった場所なので色々発見できてとても面白い。ひとり暮らしを楽しむにはちょうどいい場所のように感じる。

ブログのネタ探しもとても簡単そうで東京で言うと秋葉原的な場所やもちろん道頓堀も近いし夜の店も多いし遊ぶにはとても刺激的な場所のような気がする。

なんば周辺は意外といい物件に安く住める

そんな理由で難波周辺の物件を探し始めたのだが想像以上に安い。
参考ホームズサイトなんばの家賃相場まとめ

俺は10年間東京で暮らしてきたせいで金銭感覚が東京の地価を基準に考えるようになってしまっているのかもしれないがなんばから歩いて15分のエリアでバストイレ別で11階建てのマンション築浅という条件にさらにインターネット無料を付けても家賃が月6万円とかである。

俺が前に住んでいたのは六本木から電車で40分かかる東京の西の端の狛江市でその駅から5分ぐらいの3階建の鉄骨造の一階で日当たりあまり良くないところだったが月6万5千円払っていた。

もちろんインターネットも無ければオートロックもない。築浅でバストイレ別という割りとこだわりの物件だったので6万5千円だったというのもあるが…。

それにしてもなんばと言えば大阪でも梅田と同じくらい賑わっている大きな街であり、全国の人間が大阪を思い浮かべる時に必ず出てくるであろうグリコの看板やらくいだおれの人形はここにあるわけだ。

そんな大阪の中心の近くの家賃相場が6万円台なのが本当に衝撃的だった。

東京の中心地である新宿周辺や東京駅周辺なら家賃10万は軽くする立地であり、バストイレ別のオートロックの築浅で2階以上という条件をつければおそらくは月15万円クラスが当たり前になってくる。

東京の家賃相場がどれだけ全国的に見て異常な状況かが他の場所で物件を探して見て初めてわかる…。

時々ビンボーガールって番組で上京した若い女性が物件を探すというコーナーをやっているのを見るのだがその時の条件が大体そんな物件渋谷とか池袋には絶対ないわって物件で基本的にその条件なら板橋とか練馬とか狛江とかでギリギリ見つかるレベルって感じだったりしている。

そう、地方都市の普通の家賃は東京では高嶺の花なのである。

東京の家賃6万円はどんなところか?

例えば大阪の中心地で普通に見つかる月6万円で鉄筋コンクリートのマンションでオートロックでバストイレ別のインターネット無料の部屋は東京で探すと新宿から30分ぐらいは電車に乗らないとまず見つからないだろう。

都内なら荒川区とか足立区辺りの下町周辺でギリギリ見つかるかどうか?確実に見つけるには埼玉まで行くしか無い。蕨や西川口に行けば見つかるかもしれないというレベルだ。

若者の憧れの街である渋谷や恵比寿、中目黒などに住みたければまず6万円の家賃の場合とにかく古い家になる。木造で築20年は確実に経っていて雨漏りやトイレの配管が錆びて漏れているレベル。

もちろんユニットバスであり、日当たりはゼロ。インターネットは光ファイバーなんだそれ?ってレベルだろう。台所も料理するレベルではなくエアコンがついていればまだましな物件だ。

それが東京の中心部に月6万円で住むということなのである。

なんばでひとり暮らしすることにしたのまとめ

俺が東京で10年一人暮らししてきた環境に比べるとなんばで月6万円で一人暮らしするのは天国レベルだと感じる。

マジで東京で苦労してきたおかげで大阪が天国に感じてしまう。やっぱり若い頃の苦労は買ってでもしろってのは本当のことだよ。

俺が5年間も月5万円で生活してきた部屋はほぼプレハブみたいなボロボロの家で当たり前のように水回りが漏れ放題で強風の日は揺れるし、下の家の人が焼き魚した日には煙がどこからかうちの部屋まで臭ってきて部屋が白く煙っていた…。

今考えるとよくそんな部屋で5年も生活してたわ…。別の部屋の時も湿度が異常で何もかもがカビだらけだったり一階の部屋は外から丸見えすぎてカーテンが全く開けられなかった。

やっぱり東京は住むには辛い場所だよ…。田舎に住めとは言わないが東京に住んでる人は地方都市に引っ越すだけで生活水準絶対上がるよ。

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ブログ, 人生, 転職

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.