30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ブログ 人生

【ハマる】マジックバーへ行ってきた

投稿日:

今派遣で行ってる会社の忘年会に呼ばれたので行ってみることにした。

はっきり言って俺は酒を飲めないし、会費制でお金がかかる忘年会なんて行きたくないっちゃ行きたくないってのが本音だけどなんか普通の忘年会じゃなくてマジックショーがあるよって言われて「なにそれ?気になる」となったので参加してみたのだ。

スポンサーリンク

マジックバーの基本情報

このマジックバーはカウンターが10席ほどとテーブル席が50席ほどの店で普通の広さの店となっている。場所はなんば。
詳細 イリュージョン

マジシャンが17人も所属していて大体5〜7人ぐらいが店にいる感じになっているらしい。日によってはもっと多いかもしれないし、もっと少ないかもしれない。

この店のすごいところは世界的なマジック大会で銀メダルと銅メダルを2大会連続で獲得したことのあるマジシャンがいたり、超有名なアナウンサーが紹介音声を担当しているところ。

料理に関しては元大きなホテルで働いていたというシェフが担当しており、食べてみた料理はどれもめちゃくちゃ本格的な味に仕上がっていた。酒は飲み放題でカクテルはかなりたくさんの種類があり、リキュールの数が豊富なのでオリジナルカクテルなんかも頼めば作ってくれると思われる。

会費は4000円であったが団体割引と幹事が常連割引ということで本来は1万円のコースらしい。他にも色々なコースが有るとかで予算に合わせた料理が出てくるのだろう。

中々始まらないマジックショー

マジックショーは20時かららしく19時に入店してから中々マジックショーが始まらない…。ただ、マジシャンは他のテーブルでちょっとしたマジックをやっている感じだったので遠目で観ていたがそれでも十分凄いことがわかるwこれはショーが楽しみだ。

思ったよりド派手なマジックショー

20時にマジックショーが始まる。

動画撮影禁止ってアナウンスだったけどオーナーが出てきて「動画取り放題」って言ってたので動画取る人たくさんいた。俺の場所からでは人が邪魔すぎて撮れず・・・。

最初はカードが全員に配られてカードのマジック。かなり色々やったあとカードを当てるという割りと驚くマジックだったが流石に失敗したひともいたようだ。まぁどっかで間違ったことをしてしまったからだろうけど。。。

その後椅子を持ち上げるマジックを客と一緒にやるところで先輩社員がやらされ、失敗してしまうという逆にレアなことが起こったのだがそれ以外は特に失敗なく様々なマジックが披露される。

中国のマジック、変面(マスクが一瞬で変わるやつ)などもあってかなりド迫力!まさかあの変面生で見れるとは思ってなかったのでうれしい。変面のトリックは中国の国家機密らしいwそれをここのオーナーが自分で解読してネタにしたとか。なんとも凄いオーナーだ。

この後もまさかの人体浮遊マジックや、檻からの脱出マジック人体切断的マジックなどかなり大掛かりな道具を使ったものやらなんやらがあってかなり楽しめた。

気がつくと40分ぐらい経っていて驚く。マジックの世界に完全に入り込んでしまっていた

最後は世界大会で銀と銅を取ったことがあるおじいちゃんマジシャンのカードマジックを楽しんで終了。

その後はみんなとの記念撮影なんかもあって本当に思い出に残る忘年会となった。

テーブルマジックもすごすぎる

ショーが終わって21時までの残り時間、ちょっとしたテーブルマジックもやってもらえたのだが近くで注視していてもマジでビビるようなことばかり起こる。一瞬でルービックキューブが揃うやつとか神業すぎるわ。

トランプやらコインやらコップやらどう見てもわけわからないマジックばっかり。凄いし、もう意味わからなすぎて爆笑。なんでそこからそんなもんがいきなり出てくんねん!とホンマに笑う。

もっともっと見ていたかったが次のお客さんがきているということで終了。この店はマジでハマる。絶対にまた来たい店になってしまった。

幹事が言っていた一回みたら面白すぎてまた来たくなってしまうっていう言葉は嘘ではなかった。

忘年会にマジックバー行ってきた話のまとめ

なんとなく参加しちゃった会社の忘年会だけどかなり面白い体験が出来てよかった。

六本木で働いている時も会社の近くにマジックバーがあってちょっと気になってたけど行けなかったけど行っとけばよかったと思う。間近で見るマジックはテレビで見るマジックよりも感動は確実に上であり、超楽しい。

マジックのタネは全くわからなかったが私の予想ではあの人達は人間の目では判別できないレベルで高速な動きを出来る超人だと思っている。スーパースローカメラでしか絶対に見えない動きをしているというのが私の結論だ!(あきら100%の股間が全然見えないのと同じだと考えられる)

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ブログ, 人生

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.