ニックライフ

ブログ 人生

実家ぐらしVSひとり暮らし

更新日:

ひとり暮らしイメージ
実家ぐらしと一人暮らしの良いところと悪いところをまとめてみよう。

スポンサーリンク


金銭面では実家ぐらしが圧勝

ひとり暮らしで毎月かかる費用は以下の通りとなる。(寮などを除く)

  • 家賃
  • 光熱費(ネット回線含む)
  • 食費
  • 生活用品(蛍光灯・各種洗剤・トイレットペーパー等)

住む地域にもよるが、東京の狛江市で生活していた時は家賃が65000円、光熱費が2万円程度、食費が3万円程度、生活用品が3000円ぐらいになった。
これは毎月かかる費用で、他にもソファーとかベッドとかカーペットとか色々と家具などの費用もかかってくる。

そんなわけで、ひとり暮らしだとファッション費や飲み会の費用などを考えると生活が結構厳しい感じになりがち。

ひとり暮らしと比べて実家の場合だと以下の費用になる。

  • 生活費

一応食事とか光熱費とかネット通信費とかを総合的に考えて月5万円支払っている。

金銭面で考えた場合、実家ぐらしの場合はひとり暮らしと比べて半額以下となっている。家具や家電に関しても自分の部屋の分以外は全部勝手にやってくれるので年間費用を考えるとさらに費用の差が広がるだろう。(私の場合、最近リビングのテレビ買ってあげたけど)

自由度ではひとり暮らしが圧勝

ひとり暮らしはとにかく自由。

気軽に友達呼んでゲームやったり、飲んだ後宅飲みしたり出来るし、朝から晩まで誰からも何も言われずにゲームしていたり、テレビ見続けたり、何やっても自由だ。

実家でも今はそれなりに自由に生きているが完全に自由というわけでもない。トイレ行こうと思ったら父親が使ってるとかシャワー浴びようかと思ったら母親が使ってるとか自由度に制限がかかる。

友達を呼んで気軽にゲーム大会とかちょっと気を使うし、女の子を呼ぶのも気になる。

飲んで朝帰りをする時も「晩御飯いらないよ」と言っておかないとダメだし、若干自由度が減る気がする。

他人からの目はひとり暮らしが勝利

実家ぐらしはとにかく世間体が悪い

大人なのに実家で親と同居って言うだけで何故か自立していない感がものすごい。普通に働いてちゃんとしていても「親と同居気持ち悪い」みたいな目で見られる。

実家ぐらしってだけで何故かマザコンなんじゃないか?とか苦労してないんじゃないか?とか甘えてるんじゃないか?とかクズなんじゃないか?とかものすごい勢いでネガティブな感情にさらされる。

世間は実家ぐらしの大人に対して非常に嫌悪感を示すのである。

実家ぐらしVSひとり暮らしを総合的に判断して

金銭的に厳しいなら実家ぐらしをする以外無いが、金銭的に一人暮らしが可能なレベルであればひとり暮らしをした方が良いという判断をしたい。

とにかくアラサーなのに実家ぐらしというパワーフレーズがものすごい劣等感を生む。いい大人が実家ぐらしと言うのはマジで自立できてないクソ人間のレッテルを貼られる危険性すら感じる。

俺?おれは今後も親が元気なうちは実家ぐらしをエンジョイするよ?気持ち悪い?知ってるよ。俺は「嫌われる勇気」って本を読んで他人の目を気にすることを止めたんだよ。

by カエレバ

そうすると実家ぐらしの圧倒的デメリットである他人からの目を気にすることがなくなるので自由か金か?の2択になる。

自由を謳歌するのに実家ぐらしの2倍以上の金がかかると考えるとコスパが悪すぎるので実家ぐらし圧勝なんだよね。これは他人の目を全く考慮に入れない特殊な事例なのであまり参考にしちゃダメだけどね!

参考なぜ一人暮らしを一度はしないといけないのか?

ひとり暮らし

一人暮らし歴が長く、一人暮らしをする上で役立ちそうなことを書いた記事が増えてきたのでまとめて紹介します。 一人暮らしをする上での必要知識や、どうすればもっと効率化出来るのか?などいろいろな記事を書いて ...

続きを見る

ドライブ中、散歩中に読書できる!

Amazonのaudibleで運転中や歩きながら読書をして暇つぶしすることが出来る!

一人での遠くへのドライブ中にドラマ化された小説の原作を読んだり、通勤の時にビジネス書を聞くことで勉強することも。

私も使っているが、ここ数年で本は読むものではなく、聞くものとなっている。

Audibleの無料お試しはこちら

\SNSでシェアしてね/

-ブログ, 人生

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.