ニックライフ

ブログ 人生 必要知識

東京から大阪へ長距離の引っ越しをした感想

更新日:

トラックイメージ
晴れて会社員という自分には全くマッチしなかった仕事を終了し、個人事業主としての第2の人生を歩き始めたわけであるが、やはり個人事業主は最初は売り上げが全くないw

と言うより昨日まで会社員だったので個人事業主として開業予備段階の私なので仕事もしてない。
来月昨日締めの給料などが振り込まれるが住民税を払うと半分ぐらいしか振り込まれないはず。

そんなわけで東京という世界でも屈指の家賃が高い都市に住んでいてはのたれ死ぬ可能性があるのでひとまず実家へ身を寄せることにしてみた。

スポンサーリンク

引っ越し業者を捜す

はっきり言って引っ越し業者ってものすごい数いる。参入が容易なようでリサイクルショップまで引っ越しサービスをやってるみたいだ。

そんな中で東京から大阪までちゃんと問題なく引っ越し出来る業者を探すのは中々難しい・・・。

荷物が届かないとか届いたけど無茶苦茶壊れてるとかやだよ。
あと夏の引っ越しだからあんまり俺自身が動かないで勝手に運んでくれるような感じじゃないとやだよ。荷物ちょっと運ぶだけで大量の汗が噴き出す季節だからね。

大阪は特にこの時期暑さがヤバくて沖縄より暑くなるw

だから今回は価格とサービスに重点を絞って探してみようかなと思った。

ただ、ほんと自分で探して電話したりしてると何件電話しなきゃならんかわからん位たくさん業者がある。

そこでだ、ネットの比較サイトを利用してみた。

簡単な入力フォームに記述して登録すると7社ほどの引っ越し業者に一斉に見積もりを依頼出来る。

しばらく待つとメールがドバーと来る。

なんかいろんなプランがあるようで専用のトラックを出すプランは15万円ぐらいかかるらしい。
高すぎる・・・俺は現状無職だから極力出費は抑えたい。

10万以上はきついなぁと思っていると他の人の荷物と同時におくる混合プランがあってそっちだと6〜8万円らしい。

ただし、他の人と同時におくるわけだから何人かの分がまとまらないと送れないということで結構日にちがかかることがあるらしい。
最長2週間発送にかかるということでかなり荷物が届かないようだ。

でも俺は無職で時間は有り余ってるわけだし、実家なので必要最低限の生活は荷物無しでもおくれる。
なので2週間かかるプランにしてみようと考えた。

メールでは概算しか書かれていなかったので俺の持ってる2台のロードレーサーはどんな感じで見積もりに入るのかとか聞かなきゃなと思っていたら電話がかかってくる。

大体の説明をすると混合プランだと4万円を切って39600円で行けますよーとのこと。

いや、他の会社のメールには59000円以下は一つもなかったわ。おかしいだろ。

こういう、予想よりも大幅に安い見積もり出してくる所はうさん臭さが漂う。
サービスが悪いとか安かろう悪かろうじゃ無いかと心配になる。

本当に安くて親切でいい所かも知れないけど少しでも不安があるとためらうわ。
俺はケチってえらい目にあったことが何度もある。

安いのには理由があるんだよ!
重要な局面でケチると後々損することになるわけだよ。

なのでとりあえず他の見積もりを聞いてから決めますといっといた。

他の所も電話かけてきて見積もりを伝えてくれる。
いい感じの所ではあるがやはり11万円とかの予算オーバーのことをいってくる。

予算オーバーだと伝えると混合プランをまたすすめてくる。
ただ、こちらの業者はかなり丁寧に混合プランの注意点とかどんなサービスをしてくれるとかを教えてくれて結構不安が取り除かれる。

どんな感じで引っ越しの段取りが進むのかがかなりイメージしやすいトークというかなんというかだ。

俺はこれまで業者を使った引っ越しはしたことが無く前回東京に来た時も特に何も持ってこず、着の身着のままで徐々に生活用品を増やした感じだった。

引っ越しのイメージがわからない顧客に対して細やかな説明をしてくれるのはありがたい。引っ越し業者は始めに客が引っ越し経験があるかどうかを聞いてみるのが重要なんじゃないかと思う。

問題はやはり価格だ。
混載プランですら8万円の料金を提示してくる。

かたやさっきの業者は4万円だ。
2倍の値段は考えるよな・・・。

と言うことで保留。

他の大手の見積もりはやはりそれなりに価格で勝負してない感じがする設定。
まぁ大手でも東京大阪間は混載で8万円はかかるようなのでさっきの業者で決めようか迷っていた。

そしてさっきのわかりやすい説明の業者から電話がかかってきて68500円まで値引き出来ますとのこと。
まあそのくらいなら妥当だろと言うことでここで決めた。

他にも59000円のところとか5万円台を提示してくる所がいくつかあったがやはり説明がちょっとわかりづらいというかいまいちだった。

安くだけを求めれば恐らく40000円以下の業者もありだろうが今回は初めての引っ越しと言うことで保険をかけた感じだ。

やっぱり月末に設定するとそれなりに金が上乗せされるんだなぁ。今度引っ越す時は上旬の設定にしようっと!

後日追記)引っ越しの流れまとめ

ダンボールが先に送られて来て荷物を詰め終え、ゴミを捨てる。家電は年数が経つとリサイクルショップが持って行ってくれないのでジモティっていうサイトに取りに来れる人に無料であげますって出品したら全部2〜3日で処分できた。リサイクル費用がタダになって嬉しい。

多分ヤフオクとかメルカリとかで売りさばくのが一番良かったと思うけどめんどくさかったので全部タダであげた。

予定日に業者が来て荷物を全部あっという間に運んでくれて作業終了。さすが業者という動きだった。暑い日でお茶とかあげればよかったかなと思うけどまぁそれが仕事だから俺の払った引越し費用からお茶を買って飲んでくれ。

荷物が運ばれた室内はやたらホコリだらけになっていたが掃除道具とかもう全部ないのであとは大家さんよろしくお願いします状態で去る。

そして予定通り1週間後ぐらいに引っ越しの荷物が実家へ運ばれてきてあっという間に搬入完了。やっぱり業者に頼むとほんとに楽。金があるなら絶対ちゃんとした業者に頼むのがいいね。

ただよく考えるとベッドとか1万円ぐらいの安いやつだったし机とかも安かったし何もかも売って引越し費用で新しいベッドとか買っても良かったような気もしなくもない。自転車とかテレビに関しては普通のヤマト便で1万円ぐらいで送れるし・・・結果論だけどね。

引っ越しは比較サイトがおすすめ

私も引っ越しには毎回比較サイトを利用しているが一気に何社も査定を申し込むことが出来て非常に便利!6社ぐらい比較すると明らかにボッタクリの値段を言ってくる会社と普通の会社と激安の会社が出てくる。激安の所が怖かったら普通の所を選べばいいし、とにかく安い所を選びたかったら激安を選べばいい。

ボッタクリのところは本当に情弱をカモにしている引越社なので絶対に利用しない!引っ越しは絶対に比較サイトで数社から見積もりを取ってから契約しよう。

※おすすめサイト

-ブログ, 人生, 必要知識

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.