ニックライフ

マネー 人生 仕事 転職

会社を辞めたらハローワークへ行こう!でも仕事は探すな!

更新日:

履歴書イメージ
私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。

そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

スポンサーリンク

ハローワークで求職するな!

いきなりハローワーク全否定から入りますよ。ハローワークは一応職業を斡旋してくれる場所ですがぶっちゃけ仕事の質が低すぎておすすめできないです。

たまにいい仕事もあるんですがほとんどがゴミレベルの仕事なので検索して仕事を探す時間が勿体無いと思います。

なんでこんなクソみたいな案件が多いのか?と言うと中小企業がハローワークに募集をかけることによって業績が好調であることを銀行に対してアピールして融資を引き出す裏技だから。だからダミーの求人が非常に多い

こんな安い給料でこんな高度な技術を要求すんのかよ!ってぐらい憤る案件が多い。例えば基本給11万円台で土曜日基本出勤とか全く話にならない求人が存在する。

まずそのレベルの人材がその給料で働くことはないだろうけどもしもそんな人材が安い給料で来てくれるなら超ラッキーみたいな感じで求人を出しているわけだ。

そんなわけでダミー求人が多すぎるのでハロワで仕事を探すのは時間が勿体無いというわけ。

仕事を探すなら転職サイトや転職エージェントが圧勝です。
参考IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】



転職サイトは求人募集件数がダントツ多いリクナビがおすすめ

ハローワークの利用法

会社を辞めたら直ぐにハローワークへ行くべき理由はまず失業状態であるということを登録するわけである。離職票というものを持って行くと失業者として認めてもらえて晴れて失業者になることができる

もしも前の会社で半年以上働いていれば失業保険が出る。自己都合で辞めた場合、3ヶ月間失業保険の出ない期間があるが会社都合の場合はすぐに失業保険がもらえる。

ただ、求職活動をしないともらえない。求職活動というのはマナー講座とかのセミナーに行ったり、窓口で求職相談をしたりすること。取りあえずなんか活動してる感を出しておけばお金がもらえるので仕事だと思って求職活動をすればいい。

ほんとうに良い仕事を紹介されたら面接に行けばいい。ハローワークから紹介された企業に面接に行っても求職活動としてポイントが入る

職業訓練に行こう

私が1番おすすめしたいのは職業訓練校という学校みたいなところへ通って職業訓練をすること。溶接とかの技術系やプログラミングなんかの頭脳系の職業訓練を受けることが出来る。

この職業訓練の素晴らしいところは失業保険をもらいながら勉強できる点。大体3ヶ月ぐらいの訓練なのだがもしも失業保険が切れてもこの訓練期間中はずっと失業保険がもらえる。

色んな訓練があって2年ぐらいある訓練もあるのだが2年失業保険がもらえる

すごいっしょ。これまで払ってきた雇用保険が帰ってくるだけでなくボロ儲け出来る凄いシステム。しかも勉強もできる!最高です。

ボーナスもらえるよ

もしも紹介された仕事が気に入って面接して採用されたり、もしくは他の転職サイトを使って採用された場合、失業保険のもらえる期間内だった場合それなりのボーナスがもらえる。20万円ぐらい。普通に転職エージェント使って転職してももらえるところが凄い。

参考再就職手当について

ハローワークに行こうまとめ

上でも説明したがハローワークで直接仕事を探しても大した仕事は見つからず、下手すりゃブラック企業の場合もあるので私はハローワークで仕事を見つけるというのは最終手段だと思っている。

それでもハローワークの利用法は色々あって、上手く使えばめちゃくちゃ儲かるので必ず失業状態になった場合はハローワークに行ったほうがいいと断言したい。

ハローワークで失業保険をもらい終わってそろそろちゃんと就職したいなと思ったらちゃんとした求職サイトで転職することをおすすめしたい。最近人気なのはIT系の仕事で人手が足りていないのでかなり採用されやすい。

職業訓練で勉強しただけでも普通に採用される。私も職業訓練でWebデザインを学んで仕事を探したのだがド素人なのにWebデザインの仕事が見つかったし、同じ教室で勉強してた人も半分以上は即採用って感じだった。残りの半分は元々就職する気など無い失業保険貰いたいだけの主婦になるとか自営業始めるとかの人々だった。



-マネー, 人生, 仕事, 転職

Copyright© ニックライフ , 2018 AllRights Reserved.