暮らしの書

人生

人生を楽しく生きる方法を考える

投稿日:

最近色々なブログを見ていても「みんな何のために生きてるの?」だとか「独身四十代の孤独は凄まじい」とかみんな生きるのがしんどそうだなと思う。

私は30代半ばにして若い時よりもずいぶんと楽に生きれるようになったなと感じるので人生を楽しく生きる方法を紹介してみようと思う。

ブログをやる

人間ってのは自分の思っていることを誰かに聞いてもらいたいという欲求があると思う。こんな面白い漫画見つけたんだよとか昨日のサッカー最高に興奮したね!とかそういう話を共有することに幸せを感じると思う。

それは人間が群れを作る社会的な動物だからであって、遺伝子に組み込まれたものだからしょうがない。この欲求を速やかに解消するのに一番良い方法が日記を書くことなのだが最近はブログという素晴らしいものがあり、日記の場合はもはや誰にも見てもらえないただのメモになるわけだがブログはどこかの誰かが見ている可能性が少しある点で誰かと自分の思いを共有することが出来ている可能性がある。

このブログに関しても私が身バレしないレベルのことしか書いておらず、正直身の回りの人にこのブログを書いていることは明かしていない。だからこそ赤裸々に全てをさらすことが出来る。

ミクシィやFacebookが流行らなかった理由は身近な誰かに見られていると考えるとあまり赤裸々なことを書けず更新出来なくなっていくパターンが多かったからだろうと推測できる。SNS疲れという言葉もあるように知ってる人に監視されてる可能性を感じると無駄に書くことが制限されてしんどくなる。

ということで匿名でブログを書くことをおすすめしたい。最近はブログを発端とした殺人事件なども起こっており実名顔出しのブログは私はおすすめしない。

ソワカを実行する

仏教でソワカという言葉があるがこれは「掃除」「笑い」「感謝」のことである。

掃除をすると心までスッキリとするし、笑うと幸福感を感じて免疫が上がるという研究結果があるし、何にでも感謝する心をもつと怒りを感じることが少なくなる。

私の場合もなんか気分がすぐれないもやもやした感じの時には掃除をして気分を入れ替えたりするし、笑うためにちゃんとアメトーークや有吉反省会などのバラエティ番組を毎週録画している。仕事で疲れたときほどこの笑いが必要だと思う。笑うことでもやもやした気分が無くなりぐっすり眠れる。

感謝も本当に大事で、運転マナーの悪いやつとかうるさすぎる改造車とかテレビから流れるクソみたいなニュースなど、いらつくことがこの世界には山ほどあるがそういう人もこの社会の一員として仕事をしたり、いろいろな人とつながって世界が回っていると考えるとありがたいなぁと思う。

特に私のようにブログ収入だけで生活出来るぐらいの収入を得ている人間としてはどこかの誰かが私のブログを見て物を買ってくれるおかげで自動的にお金が入ってくると考えるとこの世界に生きている人全てに感謝することが出来る。イラつく運転をしているあいつももしかしたら私のブログから高額商品を買ってくれるかもしれない。そうやって全ての人に感謝するようになってからずいぶんと幸福感が増したと感じる。

趣味を複数持つ

私の趣味は競馬と釣りと写真とサイクリングなのだがこの趣味を消化するだけで毎日が楽しい

土日は必ず競馬をするし、時期が良くなれば釣りに行くし、一眼レフでいろいろな写真を撮るのも楽しいし、サイクリングで遠出するのも気持ちいい。どれも一人でも大人数でも出来る趣味である。

競馬は朝から夕方までずっと色々なレースを予想しっぱなしなので全く暇な時間が無いし、レースは最高に興奮するし、馬はかっこいい。競馬にハマってから8年ぐらいずっと毎週楽しい

釣りに関しても中国のことわざで、一時間幸せになりたかったら酒を飲みなさい、1年間幸せになりたかったら結婚しなさい、一生幸せになりたかったら釣りを覚えなさいというのがあるぐらいずっと楽しい。

これも子供の頃からずっと毎年釣りに行くぐらい楽しい。道具を眺めているだけで楽しいし、どうやったら大きな魚をゲットできるかを脳内で組み立ててそれがピッタリハマって魚をゲットできたりすると昇天しそうなほど最高の気分になれる。

一眼レフも別に腕とか無くてもプロみたいな写真が撮れて、撮ってる時も楽しいし、家に帰って連射した中からベストショットを選んでる時間も最高に楽しい。

サイクリングも改造とか結構簡単で色々勉強して良いパーツをちょっとづつ自分の自転車に取り入れていくことで快適性が増してくるのがゲーム感覚で楽しめる。ペダルを変えてみたり、シートを変えてみたりちょっと変えるだけで乗り心地が全然違ってくるしかっこよくなる。

趣味が一つだけだったら多分流石に飽きてしまう可能性がある。私は競馬が好きだけど地方競馬は基本的に滅多に買わない。土日にある競馬を毎週楽しみにすることで続けてこれているような気がする。

釣りに関しても毎日行きすぎていた時、なんで俺は毎日釣りに行っているのか?と疑問に思い何が楽しいのかわからなくなった時があった。釣りに関しても週に1日ぐらいがちょうどいい頻度だと思う。

いろんな趣味を持っていれば飽きずに毎日楽しめるので人生やりたいことが無くなることがないだろう。

人生を楽しく生きる方法を考えるのまとめ

誰かが言っていたけど、「人生は何かをするには短すぎて、何もしないには長すぎる」という言葉がある。

生きる意味がわからないとか孤独が辛いとか感じるのは何もしない時間が長すぎるせいだと思う。人間暇になるとネガティブなことを考えがちであり、ホリエモンも一人になると死の恐怖を感じるから色々なことを考えることで脳を埋め尽くし、死の恐怖から逃げていると言っている。

何もしないと変な思考によってネガティブなことしか考えつかないようになってしまうので、暇な時間が無いように上に書いたようなことを心がけて、毎日人生を楽しくするために動き続けていればネガティブなことを考えないで済むだろう。

人気記事一覧

1

なんばで一人暮らしをしているとあまりにも孤独で辛いのでほぼ毎日のようにガールズバーやらメイドカフェやら変な店やら行きまくり、あっという間に大赤字じゃ。 考えたのだが一日一回も声を出さないで終わるのが辛 ...

2

私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。 そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

3

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

4

人間30歳に近づいてくると自然と代謝が落ちて若いころと同じような食生活では大体の場合太る。 しかも30歳位になると割りと貯金も溜まってきて生活に余裕が出来ると若いころは出来なかったトッピングをラーメン ...

5

人間の煩悩で一番捨てづらい煩悩に人と自分を比べてしまうというものがある。人と自分を比べる上で物差しとなるのがお金である場合が多いだろう。 テレビや新聞で平均年収がどうとか出てくるたびに「え?私の年収低 ...

-人生

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.