30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ブログ 人生 仕事

脱サラの危険性に気づいちゃった…

更新日:

飛行機
私は3年ほど前にサラリーマンを辞めて脱レール人生をを送っているのだが一度サラリーマンをやめてしまうと厳しい現実がそこにはあるという事を知ってほしい。

スポンサーリンク

バカらしくなってサラリーマンに戻れない

無職になってしばらくはサラリーマンだった頃のことが頭に残っているので働いてない自分に罪悪感を持ち、中々平日の昼間に外を歩きづらい。

無職なんてこの社会に必要のない社会不適合者なので息を潜めて生きていくしかないんだと思いつつ失業保険をもらう。

失業保険をもらいつつ転職先を探すが中々次は見つからない。結局実績を残していない人間なんてどこの会社でも必要とされていないので転職でいいところに入れる人はごく一部。

通常そういう実績を上げている出来る人は引き抜かれるか誰かの紹介で転職する事が多く最悪でも前の会社にいる時に内定を貰っているのが普通。

だから無職になっている時点で既にこの社会のレールから足を踏み外して崖っぷちに手をかけている状態になっている。

その状態で上に這い上がれる人は非常に稀で通常は崖の下にあるギリギリ辿り着けそうな踊り場に逃げ込むことになる。

そうなるとそこはそういう崖から落ちてきた人たちの掃き溜めであることが多くブラック企業である場合が多い。

運良くその企業が成長途中で崖の上まで自動的に上がっていく場合もあるにはあるがうまくいく確率は非常に低いだろう。

私の場合もまだ20代だし(28歳時の話)失業保険全部もらってから転職できればいいわって思いながら6ヶ月間ほぼ遊びながら転職活動をしていた。

そして失業保険が切れる月に見つけた会社が、やばいブラック企業でこのままじゃヤバイというレベルで逃げるようにすぐに退職。

その次も普通にブラック企業だったがここがそれなりにでかいクライアントが多くて実績を積めたのでフリーランスで独立して今に至った。

そしてサラリーマンというレールから外れたフリーランスという名のほぼアフィリエイトだけで食ってる人になった。

ここで気づくのが「あれ?なんで俺あんなクソ辛いサラリーマンを7年間もやってたんだろう?」ってこと。

自営業の場合は出勤しなくていいから満員電車に揺られてイライラしながら糞暑い車内で臭いオヤジにブチ切れてケンカしたり、変な女に足踏まれた怪我したり終電近くまで仕事して本数の少ない深夜の電車をホームで何十分も待ってたりする必要性がない。

電車が止まっている時なんて自転車で1時間30分かけて会社に行ったりしたし通勤とか人生の時間を本当に無駄遣いしている気がする。(読書出来る余裕があればマシかもしれないが車や自転車通勤の場合は音楽聞くぐらいしか出来ないのが辛い)

他にもサラリーマンの場合どんだけ営業成績がよくても一定以上の給料がもらえない場合が多い。

億の契約とっても給料がいきなり1000万円とかにはならず数万円の寸志がもらえたらラッキーぐらい。

うちの父親の会社の社員は歩合制を持ちかけて数千万円の利益をもたらしその歩合の給料を請求したらクビになったらしい。

一人の社員にそんなに給料払ったら会社がおかしくなるとかいう理由・・・。理不尽極まりない。ぶっちゃけそんな優秀な社員クビにしたら会社がおかしくなると思うんだが・・・。

でも自営業の場合は給料が青天井。稼いだら稼いだ分だけ懐が暖かくなる。

拘束時間にしても会社の場合大体の場合が8時間労働で土日と祝日が休みならいい方。

下手すると月2回は土曜日出社で祝日は出勤とかいうところもまだ結構多い。私の場合も繁忙期がGWとかぶって全部出社したけど振替休日一日だけしかもらった記憶がない。

自営業の場合は基本的に休むか働くかは自分次第で気が向いたら仕事して気が向かなかったら遊ぶでいい。働かなきゃ給料は減るけど別に月15万あれば死なないぐらいの生活は可能なので気が向いた時にいっぱい働いて月80万ぐらい稼げばいいだけの話。

プログラマーならそれぐらいは軽く稼げる。

サラリーマンを辞めてはいけないのまとめ

これを読んでいるサラリーマンがいるなら絶対に会社を辞めないで欲しい。自営業や起業の美味しさを知ってしまうとバカらしくてサラリーマンなんて絶対にやりたいと思えなくなるから。

この世界の仕組みとして資本家と労働者(奴隷)が存在していて労働者がたくさんいないと資本家がうまい汁を吸えないようになっている。

だからサラリーマンが割に合わない職業だということに気づかれないように社会のレールを踏み外したらどうなるのか?みたいな不安を煽るような話を常に聞かせて恐怖心を煽っている。

国としても今のような資本主義でサラリーマン(奴隷)から給料天引きみたいな仕組みの方が低コストで徴税しやすく個人事業主みたいな節税と脱税のボーダラインが難しい徴税に手間がかかる人間を増やしたくないから頑張ってサラリーマン最高みたいな感じにしているんだと思う。

まぁスキルを身につけるために一度サラリーマン(奴隷)を経験しておくのは大事だと思うけど何十年も続けるような仕事じゃないと思う。

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

最近の副業ビジネスなのだがインターネットを介してどんなものでもマッチング出来るようになってきている。 知らない人がいるかもしれないのでちょっと紹介してみよう。

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ブログ, 人生, 仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2017 AllRights Reserved.