ニックライフ

ノウハウ 必要知識 日々のつぶやき

安定した収入を求めるなら時間をかける

投稿日:


私の運営しているサイトは月ごとの変化はかなりあるが平均してサラリーマンの収入程度の収益を出し続けてくれている。1年半前に会社をやめてからずっと安定しているので今後も最低ラインとしてこの収入は守っていけると思う。
そこで今回はどうやればアフィリエイト収入が安定してそれなりの額稼げるかについて書いていこうと思う。

スポンサーリンク

アフィリエイト収入は不安定

アフィリエイト収入は基本的に不安定だと考えたほうがいい。
発生の多い月と少ない月があるのは当然でぶっちゃけ年間トータルで考えないと精神的に持たないと思う。なぜそうなるのか?それは企業の広告費は予算ありきだから。
元々4月の年度初めに今年の広告費はこれだけですと決まったらその広告費を販促計画に従って使っていく。
人がものを買う時期は決まっていて新生活のバタつきが終わってきた5月ごろ、夏のボーナスシーズンの6月ごろ、秋の連休シーズン、年末のボーナス&新年準備、2月〜3月の新生活準備が大きな商売シーズンになる。
その為企業の広告予算はそれに合わせて設定されるので売上が安定しないのは当然。特別単価キャンペーンとかもその時期に合わせて設定される。
広告費以外にもアフィリエイト収入に対するバイアスはあり、扱っているものが売れるシーズンと売れにくいシーズンがあるのは当たり前。
紫外線対策グッズを取り扱っているなら夏が稼ぎどきだし転職サイトをやっているなら年度末やボーナス後などが動きやすい。季節ごとの変化はどんな商品にもかならずあると言える。

グーグルのアドセンスもシーズンごとに単価が変わる

グーグルのアドセンスなら売れなくてもクリックで稼げるし安定収入を期待できると思うだろうがこれに関してもシーズンごとに単価が全く異なる
私のサイトの運営から言えるのは企業の決算シーズン前はかなり単価が増えるけど決算後や盆正月辺りは単価が下がる。
具体的に言うとめちゃくちゃ単価が上がるのは12月と3月と6月。めちゃくちゃ単価が下がるのは1月前半と4月と7,8月辺り。
稼げるシーズンはウハウハだが稼げないシーズンはどうしようって感じになっちゃう。でもぶっちゃけこれは季節要因なので気にせずやるしかない。むやみに広告を弄って単価をあげようとか頑張ってもあまり意味は無い。

高単価案件は安定しづらい

単価が高い転職案件や金融案件をメインでやっていると発生が少ない月と多い月の差は膨大なものとなる。
これはそういうものなのでしょうがないが精神的にかなり大きなダメージになり結構凹む。高単価案件一本で生活していこうと思うと本当に相当な貯金があるとかじゃないとかなり浮き沈みに苦しむことになるだろう。

バランス重視でサイトを分散化する

アフィリエイトで生活しているということを前提に考えるとアフィリエイト手法の分散化が一番いい方法だと思う。
サイト量産しつつ、PPCアフィリエイトを行い、高単価案件も取り扱うようなバランスを考えたやり方が理想。
サイト量産してアドセンスを入れればうまく当たればそれだけで生活出来るレベルになるし、PPCがうまく行けば利益率は上がるし高単価案件が確定すれば臨時収入も稼げる。
まぁ理想であってこれがうまくいく人はほぼ皆無だと思うが・・・。それぞれのプロが存在するのに分散で稼げるなら相当な実力の持ち主といえるだろう・・・。

私の手法

私の場合は巨大サイトを一つ時間をかけて作り上げたおかげでそこからの収入が安定して入ってくるのでほとんど作業無しで不労所得状態になっている。
このサイトを作るのにかかった時間は5年ぐらいでそう簡単には収入が激減することはないと思われる。言わば価格ドットコムのような昔からあるサイトを真似して作ろうとしてもどれだけお金をかけたところでそう簡単には追い越せることがないようにこれに関してはこれまでに築いてきたブランド力というものが全てだろう。
ということで私のオススメは一年で安定した収入にしてやろうとか考えずに最低3年出来れば5年かけてそういうサイトを作っていこうという長期スパンで考える方法。
三匹の子豚の話ではないがすぐに作った家はすぐに潰れる。コツコツ作った頑丈な家はそう簡単には潰れない。
アフィリエイトの世界はすぐに稼げるようになりたいという人が多いのでわらの家みたいなサイトが多い。その中でれんがの家的なサイトを作れば確実に勝てる。そういう世界。
稼げるようになるまで時間がかかるのはデメリットだけど稼げるようになるまでは副業でアフィリエイトをやればいい。たくさん時間をかければ有利だけどただ単に昔からあるって言うだけで強いサイトはたくさんある。
質よりも長生きが重要な場合もあるということ。

-ノウハウ, 必要知識, 日々のつぶやき

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.