ニックライフ

ノウハウ

アフィリエイトサイトにファンは不要

更新日:

私は月120万アクセスのサイトを運営しているがフェイスブックページのファンの数は高々800である。
更新ごとに更新のお知らせをタイムラインに流しているがいいねは多くて20件ほど。

この前なんとなくサイトのロゴでステッカーを作ってみたのでファンにプレゼントとして募集を行ったのだが用意した10枚が余りかけたw

スポンサーリンク

結局ネットのユーザーなんてそんなもんなのだ。なんとなく見てるサイトはあっても別にファンってほどでもないとりあえずいいね!はたまにするかもってくらいのレベルが普通。

自分だってしょっちゅうまとめサイトを見てるけど別にファンなわけでもなくあじゃじゃーしたのステッカーを欲しいとも思わない。ユニークユーザーが何万にいてもホントのファンなんてほとんどいないものだ。

ということでアフィリエイトサイトを作るなら割り切ってファンを作らないつもりでやっていくのがおすすめ。ファンなんて別にいなくても十分に稼ぐサイトを作成することは可能。

ファンを増やしてサイトで人を集めてなんかオフ会とかしたいと考えている人はアフィリエイトを辞めた方がいい。

アフィリエイトからは少なからず金儲け心が溢れ出るのでファンは減る。ファンを求めるならアフィリエイトを全廃したほうがよいだろう。

ただ、SEO対策としてのファンはそれなりに効果があるようでフェイスブックページでシェアされたページに関しては順位が上がりやすい。ツイッターでシェアされたページもグーグルにインデックスされるのが早かったりと言ったメリットは有る。
そういう意味で私はファンをある程度は作っていく運営を行っている。

ファンづくりを目標にしているわけではないがファンが増えるような施策は実施している(フェイスブックページを作ったりツイッターのアカウントを作り発信したりグーグルプラスページを更新したり)。

私にとってファンはめちゃくちゃ増えなくてもいいけどそれなりにいて欲しい存在。

商売をするにあたって重要なのは立地と固定客。サイトにとっての立地は検索順位で固定客はファンということになる。
アフィリエイトではなく実店舗や通販で商品を売るなら固定客が必要ではあるが商品を持たないアフィリエイターは固定客がいらない。

運が良ければリピーターになってくれるかもしれないが結局またリンクを踏んで買うわけではないと思われるのでアフィリエイターに取っては無意味なのである。(様々な商品を紹介し続け常に違う商品を買ってもらえるならメリットは有る)
というわけでアフィリエイトサイトにファンはそんなにたくさんいなくてもオッケーで強いて言うならたった一人グーグルさんがファンになってくれればそれで万事安泰なのである。

今の自分の想定年収がわかるサイト↓
市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!
年収を見るだけなら登録不要なので暇つぶしにやってみると面白い!

\SNSでシェアしてね/

-ノウハウ

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.