ニックライフ

仕事

マクドナルドの送料無料キャンペーンで大忙し!

投稿日:

今日も朝から配達に出発!

なぜなら今日からマクドナルドの送料無料キャンペーンが始まるからだ。

ウーバードライバーアプリではそんな情報流れてこないのだがUberEatsアプリでその情報が流れてきた。ウーバーで配達するならUberEatsアプリも入れておかなくてはならない。

朝イチからやるのは流石に早すぎるやろってことで11時ぐらいに家を出発。マクドナルドの前を通り過ぎて次のマクドナルドへ向かっている時に呼ばれた。

予想通りマクドナルドへ呼ばれて配達開始。店につくとウーバーの人が5人ぐらい並んでいた…。マジで無料キャンペーンすごいわ。

そんで配達を終えたらまた呼ばれたのだが今度は吉野家。予想だが、マクドナルドにウーバーの人が全部持っていかれて他の店の方もかなり手薄になっているようで呼ばれやすくなってると感じる。

ということでマクドナルドにこだわらず、ひたすら堺筋と御堂筋の間をウロウロして昼の時間は拾い続けてあっという間に9件配り終える。

先週のロングドライブは何だったのかというぐらい近距離配達ばっかりで超楽。こんな日ばっかりならいいのにって思っていると左肘の筋がおかしいことに気づく。

筋を触ってみると激痛である。どうも痛めてしまったらしい。メジャーリーガーなら手術するレベルの痛さになってきたので一旦家に帰って休憩。10件でボーナスもらえるクエストは晩ご飯帯でゲットすることにした。

しばらく休むと痛みが収まってきたような気がするので17時ぐらいにまた出発。すぐにマクドナルドに呼ばれて配達。マジで歩けよってぐらい近くに配達し終えてクエスト達成。

まさかの現金対応

その後、ぶっちゃけ肘も痛いし帰りながら拾えるところ拾って無かったらもう帰ろうと思ったのだが結構拾っちゃって4件ぐらい配ることになった。

その最後の1件が初めての現金対応。

仕組みは、配達する時にアプリに表示されるお金をお客さんから受け取って、一旦自分の財布に入れるけど、最終的に次の週にUberが登録したクレジットカードから引き落としてそのお金を回収するということになっている。

なので、私のような楽天カードユーザーなら現金対応すると自動的に1%収入が増えるというわけだ。

ただ、お釣り用意するのめんどいなと思ってクレジットカード登録までは済ませたもののお釣りを用意していなかった。

なんか説明を見ると現金対応切り替えボタンがあるからそれを使えば現金対応出来るって書いてあったけど、アプリを見てもそんなボタンが無くて現金対応出来ないのか?じゃあお釣り用意しんでもええわと思っていたわけだ。

それがだよ、勝手に気づかないうちに切り替えボタンも押して無いのに現金対応になっとるやんけ!焦るわ。

お客さんにこれ現金対応ですよね?って聞いたらそうです。って1040円渡してきた。お釣りいらんかった!ラッキーって思ったけどアプリ見たら2080円になってる。

え?何この倍額の差?と思って、これ2080円になってるんですけどってお客さんに言ったらキャンセルしたやつが全部加算されてる!って言われてどうすればいいの?ってなったけど、一応2080円受け取って、返金の対応とかは全部Uberがやるんでよろしく!と言っておいた。

うん、これでもしも俺のクレジットカードから自動的に2080円引き落とされたら俺がUberに文句言って金を返してもらわないといかんからなぁ。俺はただUberに言われたとおり配達してお金を受け取っただけだから非は無いはずだよなぁ…なんかモヤモヤするわ…。

ってな感じではじめての現金対応でもやもやしたのと肘痛いのと急に呼ばれなくなったので19時仕事終了。なんやかんやで7000円ぐらい稼げたから十分やな。

てか、現金対応止めるにはクレジットカード情報を消さないとダメなのかなぁ?多分そうやろうな。次回からはお釣りを常に用意しながら配達するしかなさそうである。。。

装備が充実してきたぞ

サドルカバー

UberEatsで配達を始めてから段々とロードバイクが働くのに最適な装備を増やしているのだが今回はサドルカバーを新たに導入してみた。

ロードレーサーって長距離乗る用の自転車なので柔らかすぎるサドルだと擦れて痛くなってくるのだが配達の場合、長時間漕ぐことは稀なのでどちらかと言うと柔らかいほうがいい。

ってことでゲルの入ったサドルカバーを装着した。若干ポジションがずれる事があるものの座り心地は上々。

プロフィール

ニックプロフィール画像

ブログ歴は2004年から。このブログは2014年に専業ブロガーになって作ったブログ。30代独身おじさんの日々の気付きなどを綴ります。

プロフィールの詳細はこちら

ツイッターもやってますので良ければフォローしてくださいね!

-仕事

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.