ニックライフ

仕事

ウーバーイーツにこき使われて過労死しそう…

投稿日:

ウーバーイーツにこき使われて過労死しそう…
前回、ウーバーイーツとトラブってシステムにイラついて、「こんな仕事やめてやる!もう乗らないからな!二度と配達になんて行ってやるものかよ!」と、アムロばりにたんかを切ったものの、サイトが飛んでなんか急に仕事がしたくなったのでまたやってみることにした。

スポンサーリンク

朝から受け取りキャンセル…

すぐお腹のすく仕事なのでおにぎりを2つ食って仕事を開始。するとすぐにマクドナルドに呼ばれて配達を開始した。

配達先は近くて届けて終わり…と思ったらなんかチャイムを押しても反応がない。アプリから電話をかけて確認しようとしたが電話にもでない…。電話をしたことを連絡して10分経ったら配達終了となるのでしばし待つ。もう一度電話をしてみるがやはり出ない。

そして時間切れ。配達終了となった。マクドナルドの食べ物は俺が処分することになった…なんでやねん。
マクドナルドの食べ物は俺が処分

近くの公園へ行って捨てようかと思ったけど食べ物を捨てるのは忍びないので一応食える分は食っとこうとポテトとチーズバーガーを食う。チーズバーガーなど俺は好きじゃないのだがしょうがなく食う…。めちゃくちゃ鳩が寄ってくるので鳩に食わそうとポテトをちょいちょい投げる。ただ気をつけないとホバリングしながら手に持ってるポテトを食いに来る…なんて鳩だ!

そうしているとどうも近くに住んでるであろうおばさん(日本語片言)が来て鳩に向かってお兄さんのご飯食べちゃダメだよ!って言ってる。このおばさんなら残りのサラダとコーンを食ってくれるんじゃないか?と思って聞いてみたら、いいの?ありがとう!ってもらってくれたので残った烏龍茶をちょっと飲んで溝に流してゴミ箱へ捨てて配達再開。
俺としては金をもらってるので別にいいのだがなんかもやもやする感じだった。

天満と都島区を往復

難波で仕事を開始したのに、いきなり桜ノ宮に配達だよ。すでにめっちゃ距離乗ってだいぶ死にそうになったけど、そこから連発して天満の仕事を拾い、ずっと都島区に行かされる。

俺はうまい具合にミナミの仕事を拾わないかと思いながらじわじわ難波へ行こうとしてるのだが拾う仕事が全部天満から桜ノ宮方面への配達になる…どういう仕組なんだよ。

もう俺は怒ったので天満周辺の仕事はキャンセルして難波の方の仕事を拾うことにした。そしてやっと長堀橋の仕事がキャッチできたので取りに行って配達先を見たら都島区…なんて日だ!

そして昼のピークが終わり、全く仕事のない2時間近くを過ごす…公園で佇む俺…疲れなくていいけど…仕事ないのも辛いよね。この待機時間のせいで時給が800円ぐらいまで低下。

ただ、この日は15回運ぶと1750円もらえるチャンスデーだったので15回運びたかった。本当は家に帰って寝転がりながら本でも読みたかったけどしょうがなく難波で待機。マジでよく仕事拾える場所にいるのに来ない時は来ないな!

そしてやっとキャッチしたのは玉造の店…いや坂登るの嫌やからあっち行きたくないんやけどな…って思うけどこれを逃すと次いつになるかわからないのでしょうがなく行くことに。

そしたら途中でまたその店からの仕事が来たので2件連続配達となった。本当は2件連続は前回やらかしてるのでやりたくないのだが待機時間が長すぎて15回行かない可能性が高まったので仕方なくキャッチ。これが地獄になろうとは…。

2件連続だったのでまだ料理が1件分しか出来てないってことで2件目の料理を待つ。クソほど待たされる。10分以上は店の外で待たされた。

それの届け先がなんと新今里…初めて行くわ。普通に遠いわ…。行ってみたらなんかすごい街やな。西成に匹敵する凄さ。あまり近づきたくない場所やね。

まぁまぁ疲れたけど2件目に行く。調べたらなんと心斎橋!ふざけんなよ。なんで玉造を挟んで真逆の方面の配達を2件同時にするんや!意味がわからなすぎるわ。どう考えても20分以上かかる。注文をキャッチしてから店で10分待って今里行くのに15分かかって更に20分やから注文した人1時間近く待っとるよ。

ってことで、なんかお客さんから「到着予定時刻を大幅に過ぎてるけどどうなってるの?おかしくない?」みたいなメールが届く。まぁそうなるよね。でも「文句は全部ウーバーに言って!俺も必死で届けてるだけやから!」みたいなメールを送る。

ヘロヘロになりながら到着して届けるとまぁ怖そうなお兄さんがブチ切れながら待っていて「なんでこんなに時間かかんの?」って言われたから「逆の方面に一軒届けてから来たのでそうなっちゃいました」って言ったら「逆やったら断るんじゃないの?」って怖い目をしながら言われて、「俺は言われたとおりやってるだけなんす、ウーバーさんに言ってもらわないとどうにもなんないっす」ってだけ言って逃げた。

マジでこんなことになるなら2件同時マジでやりたくないよ…。なんでよりによって真逆のお客を配達させるんよ…そりゃ切れるよ。

そこからまた無の時間帯がやってきて一切注文が入らず心斎橋のマンションの共有スペースでひたすらスマホいじりタイム。1時間以上夕暮れの街の中暇をつぶしていた…。ほんと連発する時は殺す気か!ってぐらい呼ばれるのに呼ばれない時こんな感じやな。ピーク時狙って働くのが一番効率いいよ。ずっとやるのは非効率。

と思いながらも15回配達せねばという気持ちで頑張る。この時すでに10回運んでたので夜のピークを迎えればなんとかなると思っていた。しかし…。

呼ばれないピーク時

よく考えたら金曜日の夜って普通家で出前とって食う感じじゃないよね。華金だからどこか言って美味しい飯食うのが普通やん。だからかもしれんけどピーク時間が無かった

とにかく全然呼ばれずに、しょうがないから天満行って都島区と坂道地獄の往復やろうかと思ってたのだが向かってる時にだいたい呼ばれる

そんな感じで気づくと20時30分…まさかこんなに仕事をし続けるとは思わなかった。朝9時から始めたらどんなに遅くても19時ぐらいには終わるやろ。下手したら18時ぐらいに終わるかもなって思ってた俺が馬鹿だった。

はっきり言って休憩してても呼ばれないから呼ばれそうなところへ移動するのもしんどいし、サイクルコンピューターで見るとすでに50キロもこの日走っていた

もうかなり体力的に厳しい状態だったがラスト1件まで来て、最後頼むと祈りながら夜でも店が開いてそうな北新地の方へ移動することにした。なんばのカフェとか20時ぐらいにしまりそうと判断したのだ。

すると奇跡的に呼ばれたのがHOOTERS。そう、ピチピチギャルがいるというお店だ。

行くと、確かにピチピチギャルがいた。大阪にもこんな素晴らしい店があったなんて!

でもなんでピチピチギャルのいる店の食べ物を配達してもらうのか?ピチピチギャルを楽しむのがHOOTERSなのではないのか?世の中にはいろいろな人がいるものである…。

で、届け先行くと要塞みたいなすごい物件で傭兵みたいな外人さんに手渡してこの日の仕事終了。

まとめ

マジで疲れた。一日中やるの相当ハード。特に玉造2回行かされたのはマジで死にそうになった。近距離配達なら死にそうになることはないかもしれないが長距離配達を何本か入れられると足が無くなる。パンパンになってきてもう本当にきっつい。

おじさんが一日中ウーバーイーツやり続けるとマジでぶっ倒れるぐらいきついというのがわかった。

結局ボーナス含めてこの日の日給は8000円となったがもうやりたくない…。今度一日15回配達でいくらもらえるっていうチャレンジが来ても俺はやらない。時々ある4回で500円ボーナスぐらいでちょうどいい。

\SNSでシェアしてね/

-仕事

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.