暮らしの書

仕事

おじさんが派遣社員になってわかったことまとめ

更新日:

3年半の自営業生活を終えて、フルタイムの派遣社員として約2ヶ月ほどが経った。

そこで今回は自営業を辞めて派遣社員として働きはじめてわかったことをまとめてみる。

スポンサーリンク

派遣社員は楽

うちの会社はWeb制作会社なのであるが正社員は無茶苦茶なハードワークをこなしている。

別に会社自体がブラックを奨励しているわけではなく、短時間労働化で収益が増えるという方法を推進している。社長が毎週朝の会議で働き方改革を唱えて毎週水曜日はノー残業デーと放送がかかるし、プレミアムフライデーも導入されているが実際は長時間労働が状態化している。

正社員の皆さんは夜22時まで働くのは当たり前であり、土曜か日曜自主的に出社しているらしい。

ただ、派遣社員は時給で働いているので18時ぴったりに帰りやすい。私の先輩が家庭の事情で常に18時ぴったりに帰るのだがこの人がいるおかげで18時だということに気づき私も即帰る。

正社員はなんだかんだで付き合いとかがあるので残業も付き合いみたいなところがあり無駄に長時間労働している人もいそうな気がする。特に新入社員とかは帰りづらい環境である。

仕事に関してだがこれに関しても派遣社員の場合、それほど難しい仕事は任せられず、結構単純な作業が多い。私の場合フロントエンドエンジニアという募集で入ったのであるがなんだかんだでコーディングが7割ぐらいでjavaScriptを書くことなどほとんどない。

SSL対応とか問い合わせフォームの変更とかさせられたりするけどそれほど難しいことはあまりなく、だいたい時間が余っているので新しい技術を勉強する時間に当てている。最近はCSSのアニメーションを実験しながらコード書いたりしている。

派遣社員は給料がとにかく安い

前にも書いたが一ヶ月まるまる働いて手取りが177,000円という激安である。普通の会社の正社員なら新入社員でもこれぐらいはもらっている。

俺は34歳の社会人経験10年以上の中堅レベルの人間なのだがこの手取りなのである。非正規社員というのはこの給料で生活していかなければならないという現実を突きつけられかなり衝撃を受けている。

年収にして総支給額で2,400,000円程度となり、ボーナスもなければ交通費も込みなこの派遣社員という生き方は下手すると交通費がちゃんと払われるアルバイトよりも酷いかもしれない。

派遣会社はいろいろな企業に営業に行ったり、管理コストなどがあるため大体企業が支払う額の3割程度を受け取っているので労働者の手取りが低くなってしまうのである。

ぶっちゃけ177,000円では一人暮らしで生活していくにはかなり辛い額で、貯金などする余裕はまったくないだろう。実家ぐらしならなんとかなるかもしれないがこれで結婚して家族を養うとなると本当に厳しいとしか言いようがない。

派遣社員は副業前提の労働

派遣社員のメリットは時間通りに会社を出ることが出来るという点に限る。

どれだけ残業をしろと言われても週に何日もあるわけではなく、基本的に残業はほぼ無い(会社によるがこれは残業がない会社を派遣会社に紹介してもらえばいいだけの話で残業が多ければ最初の2ヶ月で契約を切ればいい)。

時間通りに会社が終われば18時からは自分の時間となる。この時間に仕事をすれば給料が増えるというのが派遣社員の一番のメリットである。

ぶっちゃけ正社員の人のように毎日22時まで働いて土日のどちらか出勤という働き方をしているともはや自分の時間など全く作ることが出来ないだろう。

こうなってくると勉強時間が減ったり、転職するチャンスもなくなる。一生会社の奴隷となる未来が想像できてしまう。

以前、本業を頑張るくらいなら副業を始めたほうがましですよという記事を書いたのだが本業が忙しすぎると副業をする時間が全く取れないのが最大のデメリットだと思っている。

私の場合はブロガーという副業で本業よりも多くのお金を生み出しているがおそらく正社員で働いていると更新頻度も下がり、管理の時間も取れずブログ収入を維持することもままならないだろう。

おじさんが派遣社員になってわかったことまとめ

私の場合、ブロガーで3年ほど生活してきたが国民健康保険というあまりに不条理な制度や年収が2倍になった場合税金が3倍になって貯金が全然増えないという現実に心を折られ、派遣社員という少ないながらも一応安定した収入と安い社会保険料というメリットを享受するために派遣社員になった。

2ヶ月フルタイムの派遣社員とブロガーを並行して続けてみた感想としては全く時間が足らないということ。まじで週休2日だとなんだかんだで色々たまったことを土曜日にまとめてやらないとダメだから実質休みは日曜日一日になる。平日も帰ってからずっと記事書いたり外注管理したりで忙しすぎる。

無理やり水曜日は酒飲みに行く日にしてるけど金使いすぎて1月飲み代だけで20万ぐらい使っちまったよ…。羽目をはずすと無茶苦茶ものすごい勢いで金がなくなるってことはわかったのでいい経験です。

ということで無理なく派遣社員とブロガーを続けていくには毎週水曜日か木曜日を休みにして週休3日制にするのが最良という答えに至った。

3ヶ月契約を伸ばしちゃったので2,3,4月は頑張ろうと思うが5月からは週休3日契約に変更するか、もしくは一旦派遣社員を止めるつもりである。無理に安い給料で働くくらいならブログとアフィリエイトに本気で取り組んだほうが圧倒的に高効率であるという結論に至った。

ちなみにお得な情報を紹介しておくと社会保険は2ヶ月加入していると任意継続で2年間延長することが出来る。国民健康保険ってほぼ無職しか加入してない(もともと農林水産業に従事する人のための保険だったが今はほぼ無職と自営業のための保険になっている)ためちょっと稼ぐとほぼマックスまで支払額が上がる。私の場合10回払いで毎回66000円という家賃より高い額取られていたのでこれが今はハケン健保で11000円程度である。任意継続の場合2倍払うことになるがそれでも22000円程度となることを考えると毎月4万円貰えるのと同じだよ。派遣社員って結構若い人が多いから医療費使う人が少ないんだろうと考えられる。ということで自営業で国民健康保険がボッタクリだろ!って思ってる人は一度ハケン健保に入って任意継続2年という節約術を使ってみても良いかもしれない。

人気記事一覧

1

青春18きっぷ好きな私が何度か青春18きっぷの旅をしてきて気づいた青春18きっぷの注意点について書いてみる。 ちなみに最近青春18きっぷで行ったところは兵庫から宮城県の松島です。その前にも兵庫から金沢 ...

2

私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。 そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

3

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

4

人間30歳に近づいてくると自然と代謝が落ちて若いころと同じような食生活では大体の場合太る。 しかも30歳位になると割りと貯金も溜まってきて生活に余裕が出来ると若いころは出来なかったトッピングをラーメン ...

5

人間の煩悩で一番捨てづらい煩悩に人と自分を比べてしまうというものがある。人と自分を比べる上で物差しとなるのがお金である場合が多いだろう。 テレビや新聞で平均年収がどうとか出てくるたびに「え?私の年収低 ...

-仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.