暮らしの書

仕事

自営業になって大きく変わったこと

更新日:

工場イメージ
自営業(フリーランス)になって今年で4年目になるが色々と変化があった。普通の仕事をしていた時と大きく変わったことをまとめてみよう。

スポンサーリンク

電車に乗る機会、めっちゃ減る

自営業って特に電車に乗る機会がない。仕事は家でできるし、遊びに行くのも家の周りに色々あるのでだいたい自転車でなんとかなる。近所のショッピングモールには映画館もあるし、もちろん買い物はデパートが入っているので気軽にロフトに行ったり出来る。

元々自転車好きでクロスバイクで何時間もサイクリングするレベルなので神戸や大阪辺りなら季節が良ければ普通にチャリで行く。一風堂行きたいなと思ったらチャリで三宮の一風堂まで行ったり出来るし、帰りに神戸港のスターバックスへ寄ることも可能。
自転車イメージ

こうなってくると電車に乗ってどこへ行くのか?暑い時などは流石に自転車で遠出するのはきついので電車になるが4〜5月とかなら電車に一度も乗らないなんてことになる。

電車の乗り方を忘れないように意識的に電車で移動してみたりすることも…。それぐらいしないと電車は乗らない。

サラリーマンの友達と話が合わなくなる

会社を辞めるまでは仕事の辛さとか仕事の愚痴とか色々と語り合えたのだがもう自営業3年もやっていると会社員時代の友達と久しぶりに飲みに行っても話題が合わなくなってしまっている…。
カクテル

ぶっちゃけ今の俺はYouTubeばっかり見ていて話がユーチューバーの話ばっかりになってしまう…。社会人の友達はやっとヒカキンとセイキンを知ったぐらいのレベルで止まってしまっており、ヒカルですら通じないし、チョコレートスモーカーズ?なにそれ美味しいの?怪盗ピンキー?ラファエル?コレコレチャンネル?全部通じない!

おい!時代はYouTubeだろ!なんで通じないんだよ…。すしらーめんりく面白いのに…。

他にも元同僚の会社の立場がだいぶ出世していたり、結婚していたり、とりあえず自営業は社会から隔絶された場所にいることを思い知らされる。

お金関係のことを常に考えるようになる

自営業はとにかく社会保障の負担がでかい。所得税や住民税、事業税などがドカンと来るし、国民年金や健康保険もどデカい。
お金

節税のことを考えないと税金でものすごい額持って行かれるのである。だから節税のために保険に入ったり、共済に入ったりと一生懸命勉強するしかない。

ただ、ぶっちゃけこの節税も支払う税金を将来に繰り越しているだけなので結局税金からは逃れられないというのが結論なのであるが…。

意識的に事業に関係のあることに対して投資を行ったり、いろいろな経費を使って節税をしなければ儲かった分全部税金で回収されてしまうので稼ぎすぎた時は絶対に節税対策は考えておかなければならないだろう。

働く時間がだいぶ減る

最初の頃は売上もしょぼくて必死でやるしか無かったので毎日いろいろなことに手を出してがむしゃらに働いていたような気がする。

朝からブログ記事を書いて、昼からイラスト書いてラインのスタンプ作ったり、SUZURIというオリジナルグッズ作れるサイトでオリジナルグッズを売ってみたり、ココナラで小銭を稼いでみたり、動画撮ってYouTubeにアップしてみたりとやれることはなんでもやって必死で稼ごうとしていた。

それがもう3年もやると何が上手くいって自分にあっているのかが見えてきたりして上手く行かなかった部分は全部切り捨てて上手くいっているところに注力し、収益を上げることが出来るようになってくる。

そうなってくるとだいぶこなれて来て必死さがなくなりだらける。だらけていても効率良く稼げるものだからそれなりの収益は確保できる。死なない程度の収益があればいいかってことで収益がピークに比べて3割ぐらい減っているもののあまりやる気が起きない。

やる気を何年も持続することはかなり難しいと感じる。特に下手に稼げてしまっているとついつい楽な方へ流れていく。

作業がマンネリ化してきて飽きてくるというのも大きいかもしれない。

自営業になって大きく変わることまとめ

会社員の頃は上司がいて、同僚がいて周りに常に誰かがいたので仕事をせざるをえなかったので毎日辛くても一生懸命仕事をしていたのだが自営業になって、自分だけで仕事を決めて仕事をこなして売上をあげてという仕事をしているとどんどん楽な方へ行ってしまうのが人間と言うものだと感じた。

電車に乗ることがないので満員電車で味わう苦痛などはないがずっと椅子に座り続けることにより運動不足が深刻化して定期的に腰が痛くなるという症状に悩まされたり、体力が落ちてちょっと遠出したり旅行へ行ったりすると疲れやすくなってしまったと感じる。

自営業は自由だけれども本当に自己管理が大変で辛い。会社と言うものは本当によく出来ているなぁと思わざるをえない。

自営業をとりあえず3年やってみてどうするか考えるつもりだったけど自営業が3年で90%廃業するということを聞いてとりあえず5年やってみることにした。おそらくこのまま行っても4年目も5年目も収益は落ちていくばかりだと感じるが多分死なない程度は稼げると思うので地道にやっていくつもりである。

関連自営業を4年やってみて気付いたメリットとデメリット

人気記事一覧

1

なんばで一人暮らしをしているとあまりにも孤独で辛いのでほぼ毎日のようにガールズバーやらメイドカフェやら変な店やら行きまくり、あっという間に大赤字じゃ。 考えたのだが一日一回も声を出さないで終わるのが辛 ...

2

私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきました。 そんな私が、皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

3

みなさんはクレジットカードを使っているだろうか? 私は徐々にクレジットカードの数が増えて今や5枚ぐらい所有していた。(キャッシュカードと一緒になってるやつとかツタヤのカードと一緒になってるやつもあるの ...

4

人間30歳に近づいてくると自然と代謝が落ちて若いころと同じような食生活では大体の場合太る。 しかも30歳位になると割りと貯金も溜まってきて生活に余裕が出来ると若いころは出来なかったトッピングをラーメン ...

5

人間の煩悩で一番捨てづらい煩悩に人と自分を比べてしまうというものがある。人と自分を比べる上で物差しとなるのがお金である場合が多いだろう。 テレビや新聞で平均年収がどうとか出てくるたびに「え?私の年収低 ...

-仕事

Copyright© 暮らしの書 , 2018 AllRights Reserved.