ニックライフ

仕事

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーあるある早く言いたい

投稿日:

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーあるある早く言いたい
UberEats(ウーバーイーツ)で配達の仕事をしていると感じる、UberEats(ウーバーイーツ)あるあるを紹介していきたい。

スポンサーリンク

道に詳しくなりがち

UberEats(ウーバーイーツ)で重要なのはどこを通って行けば早くお店やお届け先に到着するのかで、時間短縮はこの仕事の一番重要なポイントと言ってもいいだろう。

その中で、裏道をどんどん探して頭にインプットしていく事ができてどんどん道に詳しくなっていく

私は難波周辺をホームにして働いていたが、配達先が遠方だったりして徐々に大阪中心部全体のマップが頭の中に出来てきている。時に難波から桜ノ宮や天満橋、玉造に寺田町、新今里など無茶苦茶遠いところまで運ばされそのたびに地図が更新される。

今まで大きな道路ばかりしか知らなかったところが横道でつながっていくと、こことここがつながってるのか!なるほど!と楽しくなる。

物件情報に詳しくなりがち

お届け先の物件の入り口がどこにあるのかわからないことがとても多い。でかいマンションだったりするとGPSに表示されたポイントと入り口とがぜんぜん違う場所にあるとかがよくあり、入り口を見つけるのも配達パートナーの重要なスキルになってくる。

そして、入り口から入ったら次はエレベーターを攻略しなければならない。エレベーターがどこにあるかわかりやすい物件ならいいのだが巨大タワーマンションの場合、エレベーターが何故かエスカレーターを登った3階にあるとかもあり、どこにあるのかかなり訳わからない場合もある。

エスカレーターを見つけても、よく見ないと高層階用と低層階用に分かれていて誰かが入った瞬間に飛び乗ったら行きたい階のボタンが無いことも…。
行きたい階のボタンが無い

更に、エレベーターに乗っても解除されてないとボタンが押せないことがあり、高層階の場合、エレベーターに乗る前にオートロック解除のお願いをまた住民にお願いしないと乗れない。

そして強烈なところはエレベーターを降りたらまたドアがあり、そのドアでもオートロックを解除してもらわないとフロアに入ることが出来ないのである。

ということでどこのマンションは絶対泥棒に入られないセキュリティー最強の物件ってのに詳しくなる。ガードマンに取り次がないとオートロック解除すら出来ないところもある…面倒極まりない。

他にもどこのマンションからの景色はきれいとかそういうのもだいぶ詳しくなるので次引っ越す場所を探すことも出来る。
どこのマンションからの景色はきれい

行きにくい場所の店、キャンセルしがち

坂の上にある店とか繁華街の中心にある店とか、地下街にある店とかちょいちょい行くのにめんどくさい場所がある。そういう店からの呼び出しをキャッチしてもじっくりみて、これは取るとめんどくさいなと思ってキャンセルしてしまう。

最初のうちは取りまくっていたが、難波から上本町とか谷町六丁目とかの店に行くのは距離2倍換算するべき上り坂があり、行きにくい。なので無条件で拒否する。届け先がそこならしょうがないが店の呼び出しで行きたくはない場所。

みんなキャンセルしまくっている時など、一回拒否した店からまた呼び出されたりする…。かわいそうだが原付きの人がキャッチするまで待ってくれ。

配達開始した瞬間、マップが縮小表示される時の絶望感

マップが縮小表示されるということはとても広い範囲のマップが必要ということである。そう、超遠距離の配達ということだ。

たまに意味がわからないぐらい遠いところからの注文が来ることがあり、一番絶望したのが西長堀でキャッチした配達先が天満橋だった時。片道30分近くはかかる上に最後急な上り坂を登るルートは地獄である。

大阪の仕事は基本的に通常1回で300〜400円程度なのだが、この時は驚異の994円であった。距離加算がものすごい仕事である。ただ割りに合っていたか?と言われるとその後20分ぐらい休憩しないと次に移れなかったので割りに合ってなかったと感じる…。長距離は嫌…。

カフェの店員さんがかわいくて回復する

ウーバーイーツやっててよかったなって思うことの一つにおしゃれなカフェの配達に行けるってのがある。普段あんまりお洒落なカフェに行くことはないのだが心斎橋とかにある超おしゃれなカフェには大体可愛い店員さんがいる。

正直そういうかわいい店員さんのいるカフェに呼ばれた時は超嬉しくなる。受け取るちょっとの間だけなのだがたったそれだけでMPが全回復するぐらいかわいい店員さんがいる店もあるのだ。

おすすめはフレッシュネスバーガー上本町店。あそこの店は坂の上に行かなければならないしんどい場所なのだが疲れが消し飛ぶレベルでかわいい店員さんがいる。笑顔が超素敵!本仮屋ユイカさん(諸説あります)みたいな感じ!
あとは心斎橋のカフェは基本どこでも可愛い店員さんがいるのでおすすめ。

配達の仕事をすればするほど、かわいい店員さんにいる店マップが脳に構築されていくだろう。

交通戦争の攻略法が見えてくる

大阪の路地や大きな道を自転車で走っているとどういう危険が潜んでいるかが大体わかってくる。

路地から飛び出してくる可能性があるのでこっちが優先の道路であっても交差点ではスピードを緩めるとか赤信号でも普通に渡ってくる歩行者がいるので避けながら行くしか無いところとか学んで攻略法を見つけなければならない。

自転車にとって一番の敵がタクシーでタクシー運転手はクソほど強引であり、自転車を軽視していて全く見えていないことがある。信じがたい運転をして殺されそうになるのがタクシー。ハザードたいてる状態で突然横から突っ込んできた時はマジで事故るかと思った。指示機の概念がないのか?

そんな感じで色々なドライバーがいるので事故らないように配達する術を徐々に学んでいく事ができる。

本当に気をつけたいのが右折車両と左折車両で、強引なやつはマジで殺しに来るような突っ込み方をするから基本スピードを緩めて様子を見て行かせてくれるかどうか確かめたほうがいい。歩行者信号が点滅してたりすると車は自転車が止まるだろうと思って突っ込んでくる事が多い。

菓子パンとコーヒー休憩が重要

食べ物を配達しているとやたらと腹が減る。匂いとかそういうのと疲れと交通事情等のストレスから腹が減り、無駄にイライラしてしまうことがある。

そんな時、コンビニで菓子パンを買って食って、挽きたてコーヒーで流し込むと5分後ぐらいにはイライラが50%ぐらいは消える。イライラした時はチョコの入った菓子パンが超回復アイテムになる。

私の場合、全回復するためにたまに14時過ぎに家に帰って1時間ぐらい昼寝する。そうすると全回復している。

まとめ

他にも色々な美味しい店を発見しがちとか街で美人を探しがちとか、そんなあるあるもあるように感じるが自分だけかもしれないので、とりあえずここではこのくらいにしておこう。

また見つかったら追記するかもしれない。

ドライブ中、散歩中に読書できる!

Amazonのaudibleで運転中や歩きながら読書をして暇つぶしすることが出来る!

一人での遠くへのドライブ中にドラマ化された小説の原作を読んだり、通勤の時にビジネス書を聞くことで勉強することも。

私も使っているが、ここ数年で本は読むものではなく、聞くものとなっている。

Audibleの無料お試しはこちら

\SNSでシェアしてね/

-仕事

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.