ニックライフ

ブログ

大正駅は沖縄の飛び地!飲み屋をはしごした感想

投稿日:

大正駅は沖縄の飛び地!飲み屋をはしごした感想
環状線の大正駅は難波から歩いても30分ぐらいで、地下鉄なら心斎橋から10分程度でつく場所だ。

京セラドームがあり、コンサートや野球の試合がある日は人でごった返すこともある。

そんな大正駅の近くのバーで飲んでみたのでそのレポート。

飲み屋の数はかなり多い

大正駅というとあまり馴染みのない場所で、難波で働いているがまず飲みに行くことはない。尼崎に長く住んでいる私ではあったがまず大正駅周辺に行くこともなく、今までほぼ通過するだけの場所だった。

今回たまたま大正駅周辺をぶらぶら散歩していたらビルの前でお姉さんが呼び込みをしていたのでお酒飲める店ですか?って聞いたらバーだってことで行ってみることに。

それがフレールというお店だ。


このビルの6階にある。

ここはガールズバーではないが店長はみずきさんという若い女性の方で、他のスタッフも女性だった。
料金体系としては飲み放題で15分500円になっている。一時間で2000円というのは軽く飲んで帰るにはとてもちょうどいい感じがする。

私はちょっと飲みたい気分だったので、初っ端から強いカクテルを飲みまくる。ジンライムとかやたら濃いのを飲みまくっていた。

1時間半ほどでベロンベロンになってきたのだが、大正のこととかこの店のこととか結構聞くことが出来て非常に有意義な時間が過ごせた。

聞く話によると駅周辺には飲み屋が多いが、9割ぐらいがスナックだとのこと。そして沖縄系の人が大正駅周辺には多く住んでいて、旨い料理屋は沖縄料理の店がおすすめとのことだった。キジムナーというお店はよく行くとのこと。
立ち飲み屋とかもとても多くて、乃ノ家という店が美味しくておすすめらしい。

大正のガールズバーへ行ってみる

そして、ほろよい気分になった時に、この辺にガールズバー無いですか?と聞いたら一軒だけあるとのことで、その店の店長と知り合いだから電話して開いてるか聞いてみてくれた。

すると店長が迎えに来てくれるってことでしばしビルの前で待つ。

ガールズバーの店長とは思えないガタイのいいヒゲの兄ちゃんが来て連れて行ってくれた。どんな店だろう?ワクワクしてくる。

すると結構奥まったところのビルの2階の一番奥にガールズバーがあった。夜、21時過ぎだったが2人組が2組いて盛り上がってる感じだった。

私がガールズバーを選ぶ理由は客層が面白いからってのは大きい。大体のガールズバーの客は愉快な人が多くて、仲良くなりやすくお客さんと話をしてもとても楽しいから私はどこへ行ってもとりあえずガールズバーを探すことにしている。

江坂のガールズバーではアメリカから強制送還された経験のあるお兄さんと朝までテキーラ飲んだりしたことがあるw

今回、大正駅唯一のガールズバーで出会ったお客さんは徳之島出身の方で、イントネーション的にはほぼ沖縄だが一応鹿児島だとか。

そのお兄さんたちは店長と子供の頃からの友達で、一緒に島を出てきたらしい。島を出る時、店長は小さめのボストンバッグと現金3000円を持って飛び出したという。しかも頼るアテもなくである・・・まじかよ…相当ファンキーだな…とおもったら一緒に出てきたお客さんは現金7000円しか無かったらしい(お客さんは親戚を頼って出てきたらしいが…)。

それが今ではガールズバーの店長である。

いろいろと掘り下げて行きたかったがカラオケタイムが盛り上がったのでそれはまた今度ということにしておいた。

ちなみに、バースデーイベントをやっていて店中ハッピーバースデーって書いてあったから女の子の誕生日なのかと思ったらまさかのヒゲの店長の誕生日だった!

このガールズバーのシステムは飲み放題の場合、一時間で3000円。ボトルキープ、ショットの場合は3時間4000円とのことだった。まぁごく普通の値段設定だと感じる。

この日、女の子は2人で20代前半の若い女の子だった。見た目は普通の若い女の子って感じ。話の内容はほぼ覚えていないぐらい店長のお友達のお客さんと喋ってたwww
ボトルキープみたらハンドソープにボトルタグつけてるし、完全にお笑い芸人やわ。

正直いい店を見つけることが出来て大正駅をぶらついていて本当に良かったと思う。
まだまだ大阪には知らない面白い場所がゴロゴロあるかと思うと人生今後も楽しめそうな気がする。

ドライブ中、散歩中に読書できる!

Amazonのaudibleで運転中や歩きながら読書をして暇つぶしすることが出来る!

一人での遠くへのドライブ中にドラマ化された小説の原作を読んだり、通勤の時にビジネス書を聞くことで勉強することも。

私も使っているが、ここ数年で本は読むものではなく、聞くものとなっている。

Audibleの無料お試しはこちら

\SNSでシェアしてね/

-ブログ

Copyright© ニックライフ , 2019 AllRights Reserved.