30歳を過ぎた男の暮らしにまつわる雑記等

暮らしの書

ブログ 人生

無職になっても暇じゃない日々

投稿日:

競馬写真
フリーランスのブロガーという職業として認知されていないほぼ無職な私だが最近何かと忙しい。

土日は競馬で忙しく、平日は平日でなんか色々と忙しい。何故か時間が全く無いので何に忙しいのかちょっと書き出して暇を作る努力をしてみようと思う。

スポンサーリンク

無職な俺の時間の使い方

俺は一体普段何をしていていつの間にか時間がなくなってしまっているのか?

インターネット回遊が忙しい

一番の時間泥棒がインターネットをしている時間。具体的に何を見ているのか?というとまずはツイッター。こいつはかなり時間を奪う。ツイートを読むだけでなく、色々な面白いサイトへのリンクがあったりしてついつい読んでしまう。

他にもスマホアプリのスマートニュースやらはてなブックマークやらでいろいろなサイトを見てしまってあっという間に時間が過ぎる。

ユーチューブ見ちゃう

パソコンのブラウザを開くとついついユーチューブを開いてしまって見ちゃう。おすすめ動画にヒカキンがあったらクリックしちゃうし、話題の動画にバラエティー番組のハイライトみたいなのがあっても見ちゃう。動画はやっぱり面白いのでダラダラ見てしまうのが時間泥棒。

テレビも見ちゃう

なんとなく夜の19時ぐらいにテレビを付けたら別に見るつもりもなかったカラオケバトルなんかやってて知らない人が歌ってるだけなのに見ちゃう。気づくと最後まで見ちゃってたりする。

一人カラオケいく

人間って声出すことでストレス発散になるのでなんか調子の出ない日はひとりカラオケ専門店へ言って大声で歌ってスッキリする。平気でぶっ続けで3時間とかGLAY歌い続けたり出来るのであっという間に時間が経つ。

誘われて飲みに行く

飲みに誘われたら断れない質で別にどうでもいい合コンみたいなのに参加してしまったりする。こんなのでもあっという間に3時間ぐらい経ってしまうので時間が無くなるのは早い。

買い物に行く

別に何を買うわけでもないけど家電好きなので梅田のヨドバシカメラをウロウロする。こんなBluetoothスピーカーあるの?とか最近のカメラはコンパクトデジカメでもこんなに画質がいいのかよ!とかめっちゃ見ちゃう。平気で2〜3時間店内で歩き回って時間が無くなる。

サイクリングする

無職は家に居がちなので運動不足になりやすい。そのため意識して運動をするために天気が良い日は淀川河川敷のサイクリングロードをクロスバイクで走っている。これも気持ちよく走っていると平気で1〜2時間経っているので時間が潰れる。

マンガ読んじゃう

最近はアプリを使ってウェブマンガを読むことが多く、色々なマンガアプリがでていて一つだとあっという間に読み終わるがコミコ、ジャンプ、マンガワン・・・気づくと1時間ぐらい読んでたりする。

定期的にマンガ喫茶の8時間パックでアプリで見れないマンガをまとめて読んだりしているのでさらに時間が無くなる。

ブログ書いちゃう

このブログなんかはちゃちゃっと書いちゃうブログなので20分ぐらいで書いてるがちゃんとしたブログに関しては平気で1〜2時間かかってしまう。さらに1年とか経った記事は情報が古くなっていたり今見直すとかなり読みづらいとか気づいて書き換えなければならなかったりする。

そう考えるとブログはものすごい時間泥棒になって下手すりゃ一日ブログ書いて終わってたりすることも。

競馬が忙しい

土日はずっと競馬している。競馬って朝の10時前ぐらいから夕方16時30分ぐらいまでやっていて一日潰れる。

競馬してない人は何をそんなに時間を使うことがあるのか?と思うかもしれないが馬が歩くパドックで馬の調子を確かめて、新聞を見て、レースを見たら次のレースのパドック行って・・・とマジで一日あっという間に時間がなくなっているのである。

私の場合馬の写真を撮るという作業もあり、家に帰ったら失敗写真を削除していい写真は眺めてうっとりする作業もあるので夜も夜で忙しい。

無職になっても暇じゃない日々のまとめ

無職と聞くと暇なんだろうなぁと思うだろう。

確かに仕事に使うはずだった通勤含め10時間とかの時間がまるごとフリーになるわけで時間はたくさんありそうなのだが全く暇な時間がない。

そう、時間というのはこうすれば勝手に暇が生まれるだろうと考えて時間を作るものではなく、意識的に何かをやるための時間と言うものを作り出さなければ永遠に暇な時間というものは存在し得ないということである。

だから、暇になったらこれをしようとか思っていると全然出来なかったりする。

時間は使い方が全てだと感じる。

人気記事一覧

1

みなさまどうも貧乏人です。 今回は投資についての話ですが株やFXなどのマネーゲームを貧乏人がやるとどうなるか実体験を絡めてメリットとデメリットを紹介して行こう。

2

最近の副業ビジネスなのだがインターネットを介してどんなものでもマッチング出来るようになってきている。 知らない人がいるかもしれないのでちょっと紹介してみよう。

3

日本は正社員制度が発達しすぎて中々転職しづらい。企業側は簡単にはクビにできないし教育コストも高いので大手になるにしたがって新卒主義になり基本的に終身雇用。 それでもこの時代終身雇用を保証できる会社なん ...

4

こんにちは、無職オリンピック日本代表を狙っている者です。 私は32歳ですがこれまでに5回ほど転職していて楽しい転職ライフを送ってきたのですが皆さんにハロワをおすすめしたくてこの記事を書きます。

5

年収を上げる方法について書いてみる。 転職は約半数が年収ダウン ヘッドハンティングなどで引きぬかれた場合以外の自己都合での転職は約半数が年収ダウンという結果になっている。 2015年、転職して年収がア ...

-ブログ, 人生

Copyright© 暮らしの書 , 2017 AllRights Reserved.