ニックライフ

ブログ 人生

日本の謎すぎる風潮20選があるあるすぎる!

更新日:

Twitterで話題になっているツイートが「日本の謎すぎる風潮20選」と言うもので以下のような内容となる。

  • コンビニの傘立てにあるビニール傘はパクっても許されるという勘違い
  • 「みんながやってるから私も」という集団意識
  • 「いじめる人」より「いじめられる人」に問題があるという考え方
  • ボカロ曲をカラオケで歌うと「ヲタク」と言われる風潮
  • 見た目がギャルだと「ビッチ」見た目が黒髪で真面目そうだと「清楚」という日本
  • テストの点数や、売り上げた数など、数でしか人を判断できない大人
  • 過剰なまでの「年功序列」
  • 「男でAT免許はダサいからマニュアル」という不必要な勧め
  • 遅刻は許されないが残業は許されるという企業の体質
  • 個性が大事と言うくせに、実際に個性を発揮したら白い目で見てくる大人たち
  • 寝てない、忙しいがカッコいいと思っている男子
  • 明らかに可愛くないものでも、「かわいいー!」を連呼する女子
  • 「苦労は美徳」という押し付け
  • 「娯楽は悪」という極論
  • 「空気を読む」という暗黙の了解
  • 真面目な生徒よりも「更生した元不良」の方が偉いという風潮
  • 女の子らしく、男の子らしくという押し付け
  • 「仕事が嫌でも三年は続けたほうがいい」という根拠の無い定説
  • 「有給・育休・産休」を取ることをよく思わない上司
  • 「履歴書は手書き」という強制

俺のようなこういう謎の風潮を無視した人間は社会不適合者として社会的に生きていけなくなる国なので皆さんはどうぞ頑張ってこの風潮を続けていって欲しい。

なぜ日本はこういう謎の風潮がはびこるのか?

「履歴書は手書き」とか「AT免許はダサい」とか「苦労は美徳」とかの明らかに非効率的なことがはびこっていて日本の労働生産性は諸外国に比べて悲しいぐらい低い。

どうしてこのような風潮がはびこるのかというと日本は昔から「和を以て貴しとなす」の精神でやってきたから。聖徳太子の決めたことなのだが日本国内が仏教や神道やらいろんな考え方でバラバラだと全然うまくいかないからみんな空気読んで一緒にいい国にしようよって考え方。

自己主張とかよりも和の方が大事で一致団結こそが素晴らしいという考え方でずーっとやってきたから今更アメリカみたいにズバズバ自分の意見を言ったり自己主張でロックな格好をすることが国全体として受け入れられないわけだ。

日本で生きるなら和を優先させたほうが楽

非効率なことばっかりだけど結局和を大事にしたほうが後々楽になる。みんなが残業してるのに空気を読まずに定時に退社したりしているとあいつ楽してるって思われて仕事を増やされたり、家族が止めるのを無視して子供にキラキラネームをつけたりすると後々ママ友から陰口を叩かれたり子供が虐めにあったりする。日本という国はそういう国なのである。

そんなの嫌だ!おれは非効率な生き方なんてまっぴらだ!ロックな生き方したいんだ!って人は大手企業で出世することは諦め(手書きの履歴書書けないと入るの無理)色々苦労をすることを我慢すればいい。究極私のように会社なんかに属さず自営業をすればいい。自由と孤独を手に入れることができるだろう。

どこの国に生まれても謎の風潮だらけ

アメリカには高校最後にプロムというダンスパーティーがあり非リア充は虐殺されるし、北欧は税金高すぎだし、メキシコは麻薬マフィア怖すぎだしどこの国に生まれても理不尽なことだらけ。

日本はまだマシだと思う。一応社会保障は充実していて和を貴しとしてくれているおかげでアメリカなどのような極端な貧富の差は生まれていない。

インドや中国、北朝鮮に生まれたら生まれた瞬間奴隷階級という国も未だに存在している。

テストの点数や売り上げた数で上位階級にレベルアップ出来るなんて日本ってほんと素晴らしいよねって話でした。

-ブログ, 人生

Copyright© ニックライフ , 2018 AllRights Reserved.