ニックライフ

ブログ

【疑え!】自分の頭で考えることが重要だといえる理由

更新日:

うちの父親は経営者なのだが最近の新入社員はどんなに優秀な大学を出てどんなに仕事が早い人間でも言われたこと以外出来ないと嘆いている。

確かに周りの人間を見ているとそういう人が多い気がする。ちょっと考えたらわかるやろって言うような詐欺に引っかかったりブラック企業で働き続けているような人もそうだろう。

スポンサーリンク


なぜ考えることが出来ないのか?

それは考えるということが重要だということを教えてもらえないからだろう。入試で必要な勉強はほぼすべて暗記。先生の言うとおりに教科書を覚えてノートを書いて頭に詰め込まれた内容をテストで書けばいいだけの簡単な勉強。

センター試験など過去問をやりこんで頭に入れたら勝ちだと元東大生のホリエモンが言っている。

日本の勉強は1+1=2を覚える勉強でありなぜ1と1を足すと2になるのか?を求める勉強ではない。なぜマイナスとマイナスをかければプラスになるのか?考えたことがある学生は少ないだろう。

すべて言いなりで学んできた人間が急に頭を使って考えるという行動を起こせるかというと疑問である。

ゲームをするだけでは考えていない

ゲームは頭を使っているようであるがあれも結局考える作業ではない。誰かが作ったゲームで遊ばせてもらっているだけであり何も新しい物を生み出してはいない。

謎解きゲームも謎を解くという作業をこなしているだけのこと。

考えないとなぜダメなのか?

考えるという行動を取らなければただの奴隷としての一生を送ることになるかもしれないから考えないとダメなのだ。政治に無関心と言って思考停止状態になっていれば悪い政治家が自分たちに都合のいい法律を作って私服をこやして国民から搾取しまくっても全然気づかない。

そう、一部の人間にいいようにこき使われたくなければ自分の脳味噌をフル回転して立ち向かわなければならない。

ブラック企業で働くというのはこの思考停止状態の最たる状況で悪賢い経営者が意図的に搾取するために考えるという行動を起こさせないようにしている場合がある。お前みたいな奴、うちぐらいしか雇う会社がないから雇ってもらえるだけでもありがたく思えとか言ってこき使うパターンが多い。

考えて行動すれば人生が楽になる

ドアが壊れて開きづらい状態だったら考えて油を注したりサビをとったり色々と対応すれば毎日開きづらいドアを使わなくてすむ。

直りそうになかったら早く修理業者を呼んで直してもらえばいいし、見積もりが高ければ他の業者にも相見積もりを頼めばいい。

何も考えずにドアをそのままにしておけば火事になった時に逃げ遅れる可能性もある。

これは劇的ビフォーアフターというバラエティ番組でよく見る話でなぜ何十年もこの状態で住んでいたのか?と理解不能な住居に住んでいる人が多い。リフォーム費用が高いから払えないというのもあるだろうがそんな危険な状態で怪我をしてからでは遅いだろってこともある。

私の場合もブラックに近いような企業で数年働いている間どうすればこの状況を打開できるかを常に考えて行動してきたおかげで今フリーランスとして生計を立て、自由な生活を手に入れている。

フリーランスというのは非常に考える事が多い職業で明日何をすればいいのか?とかは自分で考えないと誰も教えてくれない。

どうすれば仕事が増えるのか?とか節税対策にどんなことをすればいいのか?次の仕事に結びつけるために勉強しておいたほうがいいことは何なのか?など考えることは山程あり、考えることを辞めた時点でフリーランスとして生活することなど不可能になってしまうだろう。

考えることが重要のまとめ

お金がほしい、出世がしたい、もてたい、長生きしたいなど色々な願望があると思うが人の言いなりになっているだけではまずそれらを簡単に達成することは出来ないだろう。

自分でどうすればいいのかを考えて行動したものだけが達成できる。この世界は自分で考えた人間に多くの利益があるように作られている。考えるか?言いなりになるか?大きく違った人生になるだろう。

-ブログ

Copyright© ニックライフ , 2020 AllRights Reserved.