ニックライフ

ブログ

ひかりTV解約に5日かかった話

投稿日:

ひかりTV解約に5日かかった話
実家のネット回線をeo光からソフトバンク光に変えた時、ソフトバンクの担当者のBSも見れますという一言でひかりTVを契約してしまった。

ぶっちゃけ元々eo光の時はアンテナ工事をして家のどこでもアンテナに繋いだらBSが見れていた状況だったがひかりTVの場合モデムに繋がないと見れないという時点で超絶劣化しているしモデムレンタル料を含め月1500円かかる。
正直ソフトバンク光に乗り換えて良かったことなど何もなかったのでこの前営業で家に来たベイコムに乗り換えることにしたのである。

ソフトバンクの解約とひかりTVの解約は別

ソフトバンク光を解約した時、ひかりTVの解約の電話番号を教えられる。
ソフトバンクはひかりTVの入会の時はインセンティブがもらえるから積極的に勧誘して向こうで勝手に契約してくれて勝手に入会できたが出る時はひかりTVに電話しろで終わり。本当に不親切である。

ソフトバンク光を解約する時も電話がつながらず仕事をしながら10分ぐらいスピーカーで保留音を垂れ流して放置し、やっとつながって解約出来たのであるがひかりTVはもっと邪悪だった…。

なんと保留音を垂れ流そうとしたら向こうが勝手に「只今電話が混み合っていますのでおかけ直しください」と切りやがるのである。
電話してすぐに切られるならまだしも、お客様の情報を教えて下さいみたいなアナウンスに従ってユーザー番号を16桁入れさせられた後に切られる。そのユーザー番号入力までも何度か選択するアナウンスがあるので3分ぐらいかかる。その3分の無駄な作業をさせられて切られるのである。

流石にブチ切れそうになるが解約できないと月々1500円の無駄な金がかかってしまうので何度もその作業を繰り返す。平日は仕事があるので昼休みにしか出来ないし、19時までなので仕事終わった後1時間に電話することになるのだがマジでつながらない。

そして月をまたいで次の月になり、翌月になってやっと保留音がなるようになった。その保留音を垂れ流しながら散歩して15分ぐらい歩いた時、やっとつながった。
ぶっちゃけ電話の充電が無いと危なかったと感じる。

なんとか解約にこぎつけることが出来たのだが案の定月をまたいだので次の月の料金1500円も払う事になった。

マジでこれは完全にやってるわ。月末に解約が多いから電話繋がないようにしておいてとりあえず月またいで次の月の料金とって解約させるというやり方になっとると想像できるわ。

じゃなきゃ日割りで利用料を決めるからね。デジタルだから解約と同時に回線止めればいいだけの話だからね。たかが1500円稼ぐために姑息なやり方でユーザーの怒りを頂点まで高めるとはね。

多分ひかりTVを利用して解約した人は二度とひかりTVをまた使おうとは思わんだろう。

ひかりTVはわざわざ自分で自分の首を絞めているとしか思えない。未来のない会社だね。

-ブログ

Copyright© ニックライフ , 2021 AllRights Reserved.