ニックライフ

ブログ

三宮のコンカフェBaby Badに行ってみたけどほぼガールズバーだった

投稿日:

久しぶりに高校の時の同級生と遊ぼうということになって三宮のコンカフェBaby Badに行った話を書いておこう。

Baby Badについて

店の場所はJR三宮から生田神社へ向かう道の途中辺り。

雑居ビルの7階にある。
店内は全部カウンター席で10人くらいは入れる感じである。

なんで行ったのか?だがこの辺にあるはずの他のコンカフェを探していてこの店の女の子に会って、うちの店もコンカフェですって言われたのでじゃあ行ってみようってことになったわけである。

店の女の子は可愛い

はっきり言って女の子のレベルは相当高い。難波や日本橋と比べてもトップクラスの美人が揃っている店だと言えると思う。

店のサービス的にはコンカフェっぽい感じの内容でチェキやらオムライスなど定番のものは揃っている。

値段的には普通といったところだろうか。

普段の衣装は賭け狂いの制服らしい

この日の衣装のコンセプトはウサギの衣装と言っていたがピンクのフリフリのメイドというかなんというかまどマギみたいな感じのだった。まぁ普通に可愛い感じだったのでラッキーとは思ったが普段は賭け狂いの衣装を着ているらしい。
賭け狂いは好きなので是非とも賭け狂いバージョンの日も見に行ってみたい気がする。

女の子の飲むペースがガールズバー

女の子のドリンクは1000円なのであるが1時間に3杯飲ませてと言われる。更に2人目がついて1杯追加とうことで結構値段がはった。
基本1時間3000円ということではあったが、結局一時間いて一人あたり6000円を払って店を出た。

この店で遊ぼうと思ったらそれなりにお金がかかることは覚悟しておいたほうが良いかもしれない。
難波やら日本橋のコンカフェの場合、一時間いても3000円とか4000円で普通に遊べる店が結構あるのでちょっと自分からすると高めで、これならガールズバーとなんも変わらんような…と思ってしまう。

聞くところによると三宮にはコンカフェがほとんどなくて、この店ともう一店舗ぐらいしかないらしいということで、かなり強気な値段設定でも十分客は入るのだろう。難波やら日本橋が激戦区すぎるということかもしれない。

三宮のコンカフェに言ってみた感想まとめ

この日は土曜日であったというのもあるが18時過ぎというちょっと早めの時間帯にも関わらずほとんど満席の状態となっていた。女の子もかわいいし、コンカフェというのも三宮では珍しいということで人気なのかもしれない。

女の子になんでこの店で働こうと思ったのか聞いてみたら「好きなインスタグラマーさんのプロデュースしたお店だったから」という理由だったが、今どきの若者はインスタグラムやらティックトックでバイト先を探すもんなんだなとジェネレーションギャップを感じてしまう…。

お父さんの年齢が41歳とか言われて、なるほどもう俺は親世代の人間なのか…と急に年齢を感じてしまったが2000年生まれがすでに成人しているということを考えると納得せざるを得なかった…。

便利なボタン一覧

-ブログ

Copyright© ニックライフ , 2021 AllRights Reserved.