ニックライフ

アフィリエイト

会社でアフィリエイト事業をやるのは難しい…

更新日:

アフィリエイトイメージ
今、派遣社員として企業でアフィリエイト事業立ち上げの手伝いをしているのだが、これがかなり難しいと感じるので感じたことをまとめておく。

記事を書ける人がいない

まず大きいのがこれである。
普通アフィリエイトサイトを作る時は記事を外注するか、もしくは自分で書くかなのだが、うちの場合は社内の人間でできそうな人に書いてもらうことになっている。

この事業の前提が、社内の余剰人員の活用であり、外注で記事を生産するのではなく、内部の人間でサイトのコンテンツを作っていくというのが事業の柱となるコンセプトなので全部内部の人間に記事を書かせている。

ただ、この内部の人間が元々ライターをやっていたわけでもない普通のおじさんなので正直上がってくる記事がゴミカス以下の灰みたいなのばっかり。
ゴミでも積み重ねれば山になりそうなものなのだが灰なのでどこかへ飛んでいって消えるレベルなのだ。

例として挙げると、まとめ記事を書いてくれと頼んだ結果、6個しかまとまって無くて文字数が600文字とかなのだ…。
いや、最低10個ぐらい調べてまとめようよ…。
いつも2000文字を目標にって言ってるのになんで600文字でいいと思うの?
という感じなのでもはや私としては教育以前の問題でつまづいている気がするのだ。

その記事を上司に添削してアフィリエイトリンクに誘導する文を追加しといてって言われるのだが、流石に600文字の記事にアフィリンクの誘導文を差し込むのは違和感しか無い。
なんならその文のほうが600文字超えそうやからな…。

ということでこれは無理ですと言って一応サイトのコンテンツとしてアップするがおそらく評価はされることがないだろう。
また似たような記事を書いてもらった時に合体させて再利用しようかと思っている。

記事を書く人のモチベーションが低い

そもそもだが、この事業が成功しようが失敗しようが社員としては給料が大きく変わるわけでもないのでやる気が全然ないとしか言いようがない。
結局余剰人員になっているような人が仕事をできるわけがなく、最初からこの事業が成功する可能性が低かったのではないだろうか?
この人のモチベーションが上がらず、文章の書き方の勉強をせずに、アフィリエイトとかマーケティングのことを考えないでただ指示された記事を書き続けるだけの仕事しかしないなら、この事業は確実に収益化出来ない。

個人のブロガーやアフィリエイターならコンバージョン数やアクセス数が増えることに喜びを感じて記事の質を上げる努力ができるかもしれないが、指示されて記事を書くだけの人にモチベーションを上げてくれと言っても砂漠に水を注ぐがごとく、意味をなさないとしか言いようがない。

PPCもカス

最初このビジネスを発案した今の上司がPPCで稼いで、その実績で予算を持ってくればすぐに外注も出来るし、中古ドメインも買えるし、いくらでも収益を伸ばせると言っていたのだが、このPPCがカスなので稼げてない。

この上司の見込みがどうなのかはわからないのだが一日3000円のPPC予算で月10万円使い、10万円の発生額となっている。
発生しても非承認など普通にあるジャンルの広告なので実質半分ぐらいしか確定せずに赤字をたれ流している…。

これ実績作るどころかPPCすら稼げないことを露呈しただけの状態なのでは?
すぐに特単取って2倍3倍にするって言ってるけどそんなポツポツしか発生してないのに特単交渉出来るの?
わからない…俺にはこの人の自信がどこから来るのかわからない。

多分収益化無理なのでもう辞めたいし、多分クビになる日が近い

こんなどう見ても成功に程遠いことがこの数ヶ月で見えてきてしまったこの事業に来期の予算がつく可能性がほとんど見込めないので多分派遣社員の私はクビになると思う。

クビにならないとしてもモチベーションの低い社員に記事を書いてもらってそれを添削する仕事などずっと続けていく意味も全く見いだせないので、もうこの仕事を辞めたいという気しかしない。

とりあえず、冬は寒いのであまり転職活動したくないから契約更新まであと2ヶ月頑張ろうと思うが、奇跡が起こらない限りその次はないと思う。

便利なボタン一覧

-アフィリエイト

Copyright© ニックライフ , 2022 AllRights Reserved.